達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフが上達するための必要条件は、〇〇〇打ちをなくすこと。そしてその練習方法はコレ!

スポンサーリンク

ショットの2大ミスは、

ダフリとトップだといわれますが、

 

私が練習場やコースで見る限り、

圧倒的にダフリのミスが多いように感じます。

 

 

そのミスの大部分は、すくい打ちによるものでしょう。

 

右サイドが下がってしまうとヘッドは下から入り

ダフリやすい。

 

クラブは上から下に最短に降ろすもので、

下から上じゃありません。

 

上手くなるための絶対条件は、

すくい打ちをなくすことなのです。

 

練習場では、皆さん熱心にアイアンショットの練習に

励んでいますが、耳を澄ませば、やはり微妙にヘッドは

手前から入っていることが分かります。

 

f:id:t6911:20171018105841j:plain

 

練習場でそれを矯正する練習法として

昔からある方法ですが、

 

マットの右端(後方側)に

ボールを置いて打つ練習です。

 

そこに置くことで上からヘッドを入れる意識が働き

軌道は自然にダウンブローになります。

 

f:id:t6911:20171018154313p:plain

 

普通(いつもの)のボール位置で打つと、

右肩が下がった打ち方でも、

ヘッドが滑って打ててしまう。

 

ミスかどうかわからないのです。

 

マットの右端にボールを置くと、下からヘッドが入れば

ボールではなくマットを叩いたり、

悪くするとマットがめくれ上がってしまいます。

 

右端ギリギリにボールを置くと

慣れないうちはケガをする可能性もあるので。

最初は少し余裕を持たせておくといいでしょう。

 

 

ゴルファーには、

「苦手なものほど練習しなくなる」という習性があるようですが、

 

一打一打集中して、ぜひこの練習をしてみてください。

 

すくい打ちが修正出来れば、

あなたのゴルフに、オセロゲームで黒が一気に白に

変わるような劇的な変化が訪れますよ。

 

もう一度、言いましょう、

クラブは上から下です。

 

すくい打ちをしている間は、決して

上達は望めないのです。