達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人のラウンド報告:山岳コース攻略のコツは、昼食少な目にあり?

スポンサーリンク

今回のラウンドは、

鳥取市内から、車で20分ほどの、

 

郡家ゴルフクラブ

(郡家と書いて、コオゲと読みます)

 

 

何年振りだろう?

 

10年ぶり?

いや、もっと経っているかもしれない。

 

料金はよそに比べて安いし、

利便も悪くない。

 

それなのに、なぜ、これだけ足が遠のいてしまっていたのか?

 

ホームページのコース案内には、

こうある。

 

【山岳コース、遠くに日本海を見下ろす高台にあり、

 豪快なショットが楽しめる反面、

 球の落下地点の傾斜など、細心の注意が必要。

 

 山を切り開いたコース設計となっているため

 フェアウェイが狭く、馬の背や片側が崖など

 変化に富んだ魅力たっぷりの山岳コースです】

 

2回も書いてあるでしょ、

 

そうです、山岳コースだからなんです。

 

今でこそ、ハーフ9ホールには、

カートが整備されていますが、

当時は、「歩き」のプレーです。

 

急激なアップダウンは、体にこたえます、

特に夏場は、クラブを杖代わりの登山のようです。

 

 

若いうちなら、まだ挑戦意欲も湧くが、

自分の体力と相談しても、

やはり、自然と足も遠のくってもんです。

 

スコアも、ろくなスコアじゃなかったでしょう、

OBや3パットの連発しか覚えていない。

 

ここは又、苦手な高麗グリーンだし・・

 

 

それに加えて、所どころに、マムシに注意!】の立て看板、

 

ヘビ、大嫌いだし~。

 

f:id:t6911:20171005153930j:plain

    やっぱり、今も出るんだ、マムシ

 

 

しかし、前回、旭国際でのラウンドの昼食時、

「次はどこ行く?」という話になり、

 

友人の一人が、

「少しは涼しくなっているかもね、

久しぶりに行ってみる?郡家?」

 

もう一人が、

「オレは、どこでもいいよ」

 

「そうだな~」と、私。

 

 正直、あまり気乗りはしてなかったが、

私のナマ返事は、肯定と受け止られ、

久しぶりの山岳コースへの挑戦と相成ったのです。

 

 

 

コースは、カートで回れる御門コース(9H)と

歩いて回る若桜コース(9H)で構成されており、

 

それぞれのコースをフロントティとバックティで回る方法と、

御門コースと若桜コースの二つを回る方法がある。

 

当然、若桜コースの料金は安く設定してある。

 

景色と距離は変わるけど、

やはり同じコースはつまらないし、

 

歩いてまわる若桜コースはもっと嫌だと

みんなの意見もまとまり、

半分ずつ回ることにした。

 

半分は歩きということだ。

 

スタートは、若桜コース(PAR35)から、

つまり、歩いての前半です。

 

思い出した!、コレ、コレ。

 

f:id:t6911:20171005154530j:plain

 

強烈な上りがあれば、

45メートル打ち下ろしの208ヤードのPAR3もある。

 

とにかく、飛距離より、正確性を求められるコースだ。

 

コース案内にあるように、そう簡単なコースではない。

 

スコアは、1バーディ、2ボギーの36。

 

結構、上手いんじゃないの?

一人、静かに、自画自賛

 

うん、昼食が美味い。

 

f:id:t6911:20171005151226j:plain

    今回は、ミックスフライ定食にしたよ

 

後半は、カート使用の御門コース(PAR36)

 

カートだから、少しは楽だろうと思っていたが、

トンでもない。

 

このゴルフ場は、どのホールもダラダラ上り、

そして、急激に落ちる。

 

f:id:t6911:20171005153255j:plain

     はるか眼下に郡家の街並みを望む

 

 

少し、食べ過ぎた、

体も重いし、足も重い。

 

スコアは、6ボギーの42。

まあ、こんなものか、

 

パーオンは8/18,

パット数は、32。

 

OBもなかったし、

 

距離感が掴めなかったなかで、パーオン数は納得、

 

苦手な高麗グリーンで、32パットは上出来だ。

 

しかし、左足上がりのアプローチの下手さを痛感した。

 

もっと練習しなきゃね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

クラブハウスのソファーに深く腰を沈めて、

友人達が口を揃える、

 

「もうしばらく、ここはいいわ」

 

「2年後、くらいかな?」と私。

 

今日は、シニアデーということで、

清算は、昼食付で、5050円だった、

 

「やっぱり、1年後くらいにしようかな?」