達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

立ち返る基本をもつこと、大事だよね。私の場合は〇〇〇なんだ。

スポンサーリンク

 

 

ショットが乱れ、なかなかスコアがまとまらない人は、

オーバースイングの人がとても多いように感じます。

 

ここで、一つ提案です。

 

 あなたの次回のラウンドでは、

何でもかんでも、フルショットではなく、

いっそのこと、

 

ハーフショットのみで、回ってみませんか?

 

 

肩から肩までのスイングです

 

バックスイングは、右肩、

フォローは、左肩までのスイングです。

 

 

f:id:t6911:20170928142425p:plain

 

大振りしない、左右対称のスイングを

することで、ムダな動きがなくなり、

方向性が良くなります。

 

ショットの安定性がグッと上がります。

 

 短いアプローチ以外の、すべてのショットを、

この「肩から肩までスイング」で

やってみましょう。

 

グリップも少し短く持つことも忘れないように。

 

‘’フルショットより飛ばないんだぞ‘’、と

強く自分に言い聞かせること。

 

ハナから、飛ばそうとする欲をなくすることで、

心の安定性も大幅アップです。

 

コレ大事です!

 

 

余分なモノをそぎ落としたシンプルなスイングは

きっと大切なヒントをあなたにもたらすでしょう。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

調子が悪くなってきたときや、

スイングで迷ったときには、

 

立ち返るべき基本を持つことが大事です。

 

ただやみくもに、スイングをいじくっていても

迷路にはまり込むばかりでしょう。

 

大きなショットは、

小さなショットの延長上にあります。

 

小さなショットが、すべての土台です。

 

ゴルフを「グリーン上」から考える人がプロや上級者。

「ティグラウンド」から考えてしまうのが、

初~中級者だといわれます。

 

ゴルフでの楽しみは、ドライバーを飛ばすこと、

スコアなんか気にしないという人なら、

 

フルショットの練習ばかりしていても、

誰も文句は付けられませんが・・

 

 

 

少しでもいいスコアで回りたいと思う人は、

基本スイングであるべきショートスイングを

より大切にすべきです。

 

私の場合は、サンドウェッジでの

30ヤードのアプローチショット

それにあたります。

 

f:id:t6911:20170928143410p:plain

 

右腰から左腰までの

扇形のスイングアークをイメージし、

体と腕との動きを揃えます。

 

練習場での球数のほぼ半数は、

このショットに充てています。

  

ゆっくりゆっくり、

何度もこのショットを重ねることで、

一番シンプルなスイングを再確認できるのです。

 

 

ゴルフという迷路のなかで、

立ち竦んでしまわないように、

 

立ち返るべき、自身の基本スイングを

それぞれ持ちたいですね。