達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

7番ウッドこそ、アマチュアの救世主であり、最強兵器なのだ!

スポンサーリンク

5番アイアン、上手く打ててますか?

 

5番を持てば、5番なりの距離を打ちたいですよね、

 

どうしても力が入っちゃいませんか?

 

 

満足なショットが、なかなか打てません。

当然それなりの、ヘッドスピードも必要です。

 

キャディバッグに入れちゃってるから、使うんです、

 

5番アイアン抜いて、

 

7番ウッドを使いませんか?

 

f:id:t6911:20170925123859j:plain

 

5番ウッドは、

構えてみたときの感覚として、

見えるフェース面が少ない、つまりロフトが

立っていて、何となく打ちにくさを感じてしまいます。

 

ボールを上げようとして、力みます。

 

逆に、9番ウッドは、

フェースが空を向いている気がして、

これまた、打ちにくい。

 

その点、7番ウッドは、

見えるフェースの面積が丁度いいんです。

 

ボールを上げようとする意識が消えるんです。

 

いい感じです。

 

※ 打つコツは、

  ボールに手前(2,3センチくらい)に、

  ヘッドのソールをぺターンと置くように振るだけ。

 

それだけ。

 

心配ご無用。

ソールが滑ってくれて、球は上がります。

 

 

きっちりボールにコンタクトさせようとするから、

手が縮まって、トップが多いのです。

 

自分で打ちにいかない、飛ばそうとしないこと。

 

ボールを飛ばすのは、

クラブヘッドであり、シャフトなのです。

 

反発力が高く、重心が低いので、

軽くボールにコンタクトするだけで、ボールは上がり、

ヘッドスピードが遅い人でも、普通に打てば、

170ヤードくらいはいくでしょう。

 

十分でしょ!

 

軽く当てるだけでも、

これだけ飛ぶんだということを

覚えて欲しいのです。

 

この距離は、コースでは結構残りますよね。

 

ロングホールや、ミドルホールの2打目、

ちょっと長めのショートホールなどにも

使う機会は多いでしょう。

 

ムリして、5番アイアンを使い、ミスばっかり

している人は、この際、7番ウッドに入れ替えです。

 

f:id:t6911:20170925065840p:plain

 

ロフトも、メーカーによって、

20度くらいから23度くらいまで様々ですが、

23度あたりが、一番使いやすいんじゃないでしょうか?

 

アイアンが得意な人は、ユーティリティの方が、

相性が良いといわれますが、

 

やはりヘッドスピードが遅めの人は、

フェアウェイウッドの方が、ボールを上げやすいし、

ダフリのミスも断然、減るでしょう。

 

長さも短く、扱いやすい7Wを使わない手はないのです。

 

とにかく、使い倒しましょう。

 

使う回数を増やしていけば、結果も徐々に良くなり、

手にも馴染み、好きなクラブになっていくものです。

 

そうなれば、シメタもの。

 

そうして、得意なクラブを1本ずつ増やしていけば、

スコアも知らないうちにアップするでしょう。

 

私も、7W,大好きなクラブです。

 

 

ぜひ、お気に入りの7Wを見つけて、

あなたの最強兵器にしてください。