達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ベースボールグリップの時代がやってくる!?

スポンサーリンク

先週の「ANAオープン」では、

惜しくもプレーオフで敗れはしたが、

実力者、池田勇太に一歩も引けを取らない

見事な戦いぶりをみせた、時松隆光

 

 

又、プロテスト合格後、

早速、8月のステップアップツアー

山陰合同銀行Duoカードレディス」で

優勝を飾った勝みなみ

 

この二人の共通点は・・・・・・?

 

 

それは、二人とも、「ベースボールグリップ」だということ。

10フィンガーグリップともいいますね、

 

ただ、時松の場合は、左手親指をグリップの上に

置かないで、外に外しているのが特徴です。

 

f:id:t6911:20170919161429p:plain

 

その方が、余計な力を入らず、スムーズなスイングができ、

インパクト以降、右腕でボールを押し込みやすく

インパクトゾーンを長く保てるという。

 

 

f:id:t6911:20170919161813p:plain

 

昔から、このグリップは、

非力なゴルファーや、女性ゴルファーには、

右手のパワーが使えるので、

向いていると言われていましたし、

 

ゴルフを始めた人に、

まず、クラブを握ってみて、というと

ほとんどの人がこの握り方をするといいます。

 

棒状のモノを握るときは、むしろ、これが普通でしょう。

 

グリップは、長い間、

オーバーラッピングが主流でしたが、

 

タイガー・ウッズ石川遼、又、松山英樹やバッバ・ワトソンらが

採用しているインターロッキングがむしろ主流になりつつあり、

 

ゴルフの常識も時代や道具の変化に伴い

徐々に変わっていきます。

 

やがて、ベースボールグリップ

もはや亜流ではなくなり、

主流になる時代が来ないとも言えませんね。