達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

さすがだね、片山晋呉の練習法。今更ながらの「目からウロコ」だ。

スポンサーリンク

 



台風一過、

空は澄みきり、いよいよ秋の気配を

感じさせる朝だ。

 

 

だが、しばらくは、夏の暑さが戻ると予報が伝えている。

 

毎日のように、真夏日が続いているころは、

早く秋になって欲しいと思ったが、

朝晩、ヒンヤリする風が空け放した窓から

吹き抜けるようになると、なんだか、寂しい思いになる。

 

‘’人間ってワガママなものだな‘’、と毎年、呟いている気がする。

 

f:id:t6911:20170919093651j:plain

 

もうすこし、夏の余韻を、せいぜい楽しむことにしよう。

 

余談になるが、

家人はつい最近まで、「台風一過」を

「台風一家」だと思っていたらしい、

 

【あほか!】  

笑ってしまう。

 

しかし、こんな勘違い、思い違いしてる人って

多いんじゃないかな。

 

「台風一家」、

ずいぶん、騒がしい、迷惑な家族なんだろうね、

 

 

f:id:t6911:20170919093638j:plain

 

いつもの練習場に出かけた。

 

アイアンの当たりが悪い、

抽象的だけど、体が気持ちよく回らない感じ・・

 

ボールを打つのは、もちろん手なんだけど、

手が勝ちすぎてもダメなんだね。

 

手だけで打っていても、不思議に調子いい時もある、

でも、確率としては、かなり低い。

 

やっぱり、バランスだ。

 

すべての物事はバランスが大事、

自分に言い聞かせる。

 

「ウ~ム」

しばし、練習を中断して、コーヒーを一口。

 

フト、その時、ある映像が浮かんだ。

 

f:id:t6911:20170919122212p:plain

 

それは、片山晋呉プロが、ゴムボールを両腕に挟んで

ボールを打つ練習風景である。

 

「そうか!」

「やってみよう」

 

もちろんボールなんか無いから、挟んでいる気持ちで

打ってみる。

 

「なにコレ、いいじゃない」

 

手が、体から離れない、

 

つまり、それは、テークバックで右脇が空かず、

ダウンスイングで、左脇が空かないということ。

 

グリップと体の距離が一定だから、テークバックを

どこに上げようとか悩まないのが、特にいい。

 

両腕の動きに引っ張られるように

体もスムーズに回転する。

 

「お~、いい感じになってきた」

 

「なんで今まで、この練習しなかったんだろう?」

 

情けないくらい遅すぎる【目からウロコ】である。

 

練習法とすれば、最強ではなかろうか?

 

さすが、片山晋呉だね、

間違いないわ。