達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

年配の方、体の硬い人は必見!簡単に出来る飛ばしのテクニック。

スポンサーリンク

体が硬い方や、

年をとって体力がなくなっている人が、

簡単に飛距離を伸ばす方法です。

 

 

若い方でも体の硬い人や、

体力に不安のある人もいますよね。

 

ぜひ、試してみてください。

 

大幅な飛距離アップを実現するためには、

スイング改造と膨大な練習量が必要ですが、

 

プラス10ヤードならば、少し、アドレスを

変えるだけで可能です。

 

 

※ まず、体の硬い人は、

 

f:id:t6911:20170916181637p:plain

 

いつもより、スタンス幅を拡げましょう。

 

10センチほど広くすれば、体重移動の量が増え、

飛ばしのパワーが生まれます。

 

体の硬い方は、回転運動ではなく、

左→右→左への直線運動をイメージして

体を左右に揺さぶるのがコツです。

 

ティーアップも少し高めにすれば

打ち出し角度も上がり、キャリーも増えるでしょう。

 

ただし、上から打ち込んではダメです、

テンプラのミスになってしまうので、

横から、ややアッパーブロー気味に打ちましょう。

 

手と肩の力を抜き、グリップもソフトに握れば、

遠心力を利用して効率よく飛ばせます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

※ 年をとって、柔軟性も低下し、

  思うように体が動かせなくなったと

  悩んでいる人は、

 

基本スイングとは異なり、少し変則的な打ち方に

なりますが、ぜひトライしてみて下さい。

 

f:id:t6911:20170916180826p:plain

 

スタンスをクローズにして、

アイアンのように、ハンドファーストに構えます。

 

ボール位置は、センターです。

 

ここで、打ち出し方向にフェースを向け、

その形で、新たにグリップを握り直します。

ここ、大事なところですからね!

 

体重はやや右にかけて構えれば、

アドレスは完成です。、

 

体重移動と体の回転は

意識しなくてもいいでしょう。

 

どちらかというと、手打ち感覚です。

 

肩、ヒジ、手首をリラックスさせ、

「腕をスタンス方向に振ること」がコツ。

 

こうすれば、低いライナー性のフックボールになり、

通常より、ランが多くなる分、

飛距離を稼ぐことが出来るのです。

 

アゲインストの風の日なんかは、

ドラコンも狙えるかもしれませんね。

 

 

綺麗なスイングは憧れだけど、

全く飛ばなかったり、曲がってばかりいるよりは、

 

例え、スイングが変則でも、結果が伴えば、

それが一番、あなたに向いている、理にかなった

スイングといえるでしょう。

 

ゴルファーが100人いたら、

100通りのスイングがあるということです。