達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

格好じゃないね、結果だね、それならアプローチはこれで決まり!

スポンサーリンク

「あ~あ、又、やっちゃった」、

 

グリーン周りのアプローチが大の苦手なあなたは、

チャックリ、大トップのオンパレードです。

(´;ω;`)ウッ…

 

 

そんなミスショットとは、

今日限りでオサラバしましょう。

 

アプローチショットを、パター感覚で打つのです。

 

 

パターを打つ時のストロークのように、

手首の動きを最小限に抑え、肩と腕で出来る五角形を

保ったまま、振り子のように動かすのです。

 

 

f:id:t6911:20170912173618p:plain

 

このような構えが出来れば、当然、通常のショットより

ボールの近くに立てるので、より正確なインパクが得られます。

 

 

又、この構えだと、クラブのヒール側が少し浮くので

クラブが芝に引っかかるリスクも軽減でき、

 

 

ボールはトウ側に当たるので、

ボールの勢いも殺すことができ、

飛びすぎる心配もありません

 

 

ピッチ&ランやピッチショットで、

距離感を掴むのは簡単ではありませんが、

 

このショットはパットのように、

クラブを振ることが出来るので、

距離の精度は高くなりますし、

 

 

パターのような打ち方をするわけだから、当然、

方向性も優れているというわけです。

 

 

シャンクの心配もありませんね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ボール位置は、スタンスの正面でいいでしょう。

体重はやや左に置いたままです。

 

このショットはサンドウェッジからロングアイアンまで

幅広いクラブで使えますが、

個人的には、ピッチングウェッジくらいを

基準にしたらいいと思います。

 

ピッチングウェッジで、20ヤードはカバー出来るでしょう。

 

 

ちょっと上げたいときは、フェースを少し開き、

少し飛ばしたいときは、少し閉じればいいことです。

 

どうです?

 

 

ダフリ、トップからの解放です、

 

ストレスフリーのこのパット型アプローチ。

 

 

 

さあ、次回のラウンドから試してみましょう。

 

でも、その前に、練習場で打ち方と距離感の確認を

してからですよ!