達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

締まったアドレスとトップを作るコツは、右ひじにあり。

スポンサーリンク

 

‘’飛ばす気、満々です‘’

 

彼のドライバーショットのアドレスをみれば、

それは、一目瞭然です。

 

 

両腕がピンと伸び、

腕に力が入っているのが分かります。

 

仕切り直すたびに、ボールと体の距離が

どんどん遠くなってるようです。

 

結果・・・

 

手や腕に力が入り過ぎるために

手元が浮いてしまい、振り遅れのスライス

f:id:t6911:20170914055506p:plain

 

スイング中、腕が伸びっぱなしだと

ボールに力が伝わりません。

飛ばないし、ミスショットの連発でしょう。

 

腕や肩に力を入れないことです。

 

 正しいアドレスの作り方、

おさらいしましょう。

 

 

まず、両腕の力を抜き、腕を真下にダランと垂らして

構えます。

 

そして、ここからが、最も大事なところですよ。

 

 

そこから、右ひじをほんの少し、体の方へ引き寄せます。

右ひじの内側がわずかに上を向く感覚です、

 

その右ひじに付いた角度と、

グリップした手とドライバーシャフトで出来る角度

 

その2つの角度をキープしながら、

右のお尻を後ろに引けば、

簡単に、コンパクトで締まったトップを

作ることが出来ます。

 

ダウンスイングは、その曲がった右ひじを

伸ばすだけ。

 

f:id:t6911:20170913200426p:plain

      松山英樹

 

ボールに効率良く力を伝えること、

それは、

ダウンスイングで曲がって下りてくる右腕を

インパクトで伸ばす動きなのです。

 

両腕をピンと伸ばすアドレスは、

余分な動きが入りやすく、インパクトが一定しません。

 

右ひじを少し曲げて構えましょう、

 

そうすれば、おのずとより体の近くに

ティーアップせざるを得なくなるものです。

 

 

 

このアドレスを取れれば、

ダウンスイングで手が体の近くを通り、

スイング軌道も安定し、

しっかりパワーがボールに伝わるのです。

 

手の振りばかりに、意識がいきがちだけど、

始まりの部分が間違っていたら、いい結果など望めません。

 

ゴルフは、アドレスとグリップで8割決まる、と

いわれているんですから。