達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ラウンド終盤のアイアンのミスショットを防ぐ、大事な3点とは?

スポンサーリンク

アイアンの当たりが薄く、たとえ当たっても

弱々しく飛ばない人、

結構いるんじゃないですか?

 

 

せっかくドライバーがナイスショットだったのに、

グリーン手前にポトリ・・

 

本当にガッカリですよね。

 

そういった人のスイングを見ていると、

一つの特徴がみられます。

 

特に、ラウンド終盤に多くみられます。

 

f:id:t6911:20170912152026p:plain

 

それは、大事なインパクトの瞬間に、

体が伸び上がっていることです。

 

自分の事じゃないかと気にかかる人は、

こうしましょう。

 

まず、体幹に力を入れ直しましょう

 

丹田(ヘソの少し下)に力を入れるというプロもいますね。

 

そうすることで、体の軸が安定し、重心が下がり、

土台が安定します。

 

その力感を保ったまま、スイングしましょう。

 

インパクトでは、声が出るくらい力を入れ直すと

体も浮かず、分厚いインパクトを得られます。

 

ラウンド終盤など疲れが出た時は、

腹圧が緩みやすくなるので、特に注意です。

 

 

スタンス幅を少し狭くする

 

普段より、右足一足分狭くしましょう。

 

スタンスが広いと、ヘッドが下から入りやすくなるし

ボールを飛ばしたい、高く上げたいと思うと

右足に体重が残りがちで、体が伸び上がってしまいます。

 

少し狭くするだけで、スイングはコンパクトになり

インパクトの手応えも強くなるでしょう。

 

グリップを3センチ短く持つ

 

ラウンド終盤は、疲れから、クラブが重く感じるものです。

 

短く持てば、クラブも軽く感じられるし、

扱いやすくなります。

 

上から打ち込む意識を持ちやすくなり、

ダウンブローでインパクトしやすくなるでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これら3点は、キッチリ意識しないと変えられません。

 

不思議なくらい、

同じミスを犯してしまうのがゴルフです。

 

 

いろいろ考えてきたのに、

なぜか、コースに出た途端、スッポリ抜け落ちてしまいます。

 

 

f:id:t6911:20170912152352p:plain

 

ラウンド前にスコアブックに、書き込むなり、チェックを

入れて置きましょう。

 

さあ、ここから「リ・スタート」と。