達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

飛距離アップ絶対保証:右足親指の動きを知るべきだ、申ジエはやってるよ。

スポンサーリンク

【右足の蹴り】

 

この言葉、一度は聞いたことがあると思います。

 

しかし、この蹴りって何だ?

 

陸上100メートルのスタートじゃあるまいし・・

 

 

強いインパクトを得るため?

それとも体の素早い回転を促すため?

 

多くのゴルファーは、この言葉を鵜呑みにして、

ダウンスイングを開始してすぐ、右足かかとが浮き、

右ひざが前に突き出したり、

右ひざが左ひざに寄り過ぎたりしています。

 

本当に、右足を蹴ってしまったら、

左にスエーしてしまって、

カット打ちになったり、ダフってしまいます。

 

「右足の蹴り」、

誤解をさせる厄介な言葉です。

 

この言葉の本当の意味するところは、

 

「蹴り」ではなく、「粘り」なのです。

 

右足を下に踏ん張るイメージなんです。

 

f:id:t6911:20170910131955p:plain

 

 

右足の内くるぶしを

地面に押し付けるイメージ

正しいのです。

 

 

これが、つまり右足の粘りであり、

ボールに無駄なくパワーを伝えられる動きなのです。

 

これを、プロは「右足の蹴り」と呼んでいるんです。

 

もちろん、フォロースルーに引っ張られて、

右足かかとは浮いてきますが、ほんの一瞬でも

それを遅らせることで、分厚いインパクトを得られます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もしくは、私が大切にしている動きのほうが、

ピンとくるゴルファーもいるかと思います。

 

それは、ダウン開始で、

右足親指の母指球で地面を踏みつけ、

 

さらに、インパクト以降は、

その右足親指をそのまま飛球方向に、

回転させる動きです。

 

右利きの人なら、ほぼ正面を向いている右足親指を

ギュッと、左に回転させるのです。

 

右足親指は、ほぼ最後まで地面から離れません、

離れるのは、最後の最後、フィニッシュの時だけです。

 

こうすると、体が左に流れたり、突っ込まず、

振り遅れません。

 

練習してみて下さい、

親指の動きを確認しながら、素振りを重ねて下さい。

 

スイングの力強さとヘッドの走りを実感できるはずです。

 

 

ここでピンとくる人もいるのではないかと思います。

 

そうですね、

これは、「ベタ足スイング」と呼ばれるものです。

 

f:id:t6911:20170909200939p:plain

 

申・ジエやアン・ソンジュ、イ・ボミなど

男女問わず、多くの韓国人選手が

取り入れているスイングです。

 

決して大きくない彼女たちの飛ばしの秘密が

この右足の動きにあるのです。

 

www.tatsujin72.com

 

 

ベタ足スイングといのは、両足をベタッと地面に

付けたまま、手だけで振るスイングではありません。

 

この右足の使い方が必要、不可欠なのです。

 

これを覚えれば、簡単に飛距離は伸びます、

ぜひ、自分のモノにしてください。