達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフには、上げる動作や運動はない、こんな逆療法もアリかも?

スポンサーリンク

なぜ、ビギナーやアベレージゴルファーには、

ボールを上げようとする人が多いのか?

 

 

その理由は、おそらくであるが、極めて単純、

ボールが地面にあるからだ。

 

地面にあるボールをはるか先のグリーンや

フェアウェイに運ぶには、ゴロじゃダメ、

取り合えず、ボールを高く上げる必要があるからだ。

 

 

 

ただ、大切なことは、「上がる」と「上げる」では、

その意味するところは、全く違うということです。

 

ゴルフでは、原則、

ゴルファーが自分の意志や動作で

ボールを「上げる」必要はない。

 

なぜならば、ボールに対して上からクラブを

振り下せば、ボールは勝手に「上がる」からだ。

 

理由は簡単ですね、

それは、クラブにロフトが付いているから。

 

ゴルフクラブはどれも普通に打てば、

上がるように出来ているのです。

 

なので、ゴルファーは、ごく特殊な状況を除いて

わざわざ上げようとする必要はないというわけです。

 

このような極めて単純な理屈を知らない、

もしくは、コースに出ると忘れてしまうゴルファーは、

なんとか自分の力でボールを上げようと、

 

カチ上げたり、すくい打ったりして、ダフリ、トップ、

最悪、空振りなど、ありとあらゆるミスをやらかすのだ。

 

「ゴルフ ミスシ...」の画像検索結果

 

 

ボールの横っ面に、クラブを上から下に

普通に振り下ろせば、ボールは見事に上がるのです。

 

それとも、意識を変えてみましょうか?

 

一種の逆療法かもしれません、

 

ボールを上げるんじゃなく、

地面を這うようなライナー性のボールを打ってやろう、

と思うことです。

 

そうすれば、クラブを持ち上げる動作が入らないはずです。

 

クラブは、下から上ではなく、

きちんと、上から下に下りてくるでしょう。

 

分かっていても、どうしても上げる動作が

抜けないゴルファーは、一度、試してみて下さい。