達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフスイング、ここを分かってないとダメなんですよ!

スポンサーリンク

ショットがまとまらない人、飛距離の出ない人の

多くは、テークバックやダウンスイングを手に

頼っているようにみえる。

 

 

手は、自由がきくだけにどこにでも上げられます。

 

その都度、トップの位置が違っていて

収まるべき所にキチッと収まっていません。

 

又、手は上に上げっているけれど、体はまったく

捻じれていないので、パワーも生まれないし、

インパクトも手で合わせているだけなので、

方向性もバラバラです。

 

///////////////////////////////////////////////////////////

 

テークバックの一体化を目指しましょう。

 

左腕を左胸を密着させてテークバックしましょう。

 

そのまま体を回転させれば、

トップはおのずと決まります。

捻じれも十分発生します。

 

ダウンスイングもそのまま下せばいいのです。

腕力で下してくるのではなく、

体全体の筋力を使って下す感覚です。

 

腕力がいくら強くても、体全体のパワーにはかないません。

 

上手な人ほど、腕力に頼りません。

 

お腹(腹筋)やお尻といった大きな筋肉を使えれば

ヘッドスピードが上がり、加速しながら打てるのです。

 

上体や腕の力はスピードダウンの元です。

 

f:id:t6911:20170904191739p:plain

 

飛距離を出したいと思えば、

クラブを速く振らなければならないので、

 

人間の心理として、

クラブを持っている手を速く、強く振ろうとすることは、

ある意味、自然なことですが、

 

でも、そこに大きな誤解があるのです。

 

ゴルフクラブのように、長くて、柔らかいシャフトの先端に

重いヘッドが付いているものを振るのに、

手を速く振ろうとするのは

非常に効率が悪いのです。

 

クラブが、固く、曲がらない棒であるならば

速く振れば、素直に反応してくれますが、

ゴルフクラブは、

いってみれば、ムチのようなものなのです。

 

ここを理解しないとダメなのです。

 

パワーは、体の捻転を使う方が、

一番効率がいい方法なのです。

 

テークバックで捻じれた体が

ダウンスイングで捻じり戻ることで

生まれるパワーを使って振ることが大事なのです。

 

そこで、腕や手に力が入ってしまうと

その捻じり戻りのせっかくのパワーを妨げることに

なってしまうのです。

 

腕というのは、その捻転動作のなかで

クラブが正しく動くように、保持してあげるだけ、

余分は力は、極力入れない方が、効率がいいのです。

 

 

ゴルフスイングは、

得てして、「軽く振った方が飛ぶ」、ものです。

 

あなたも、経験あるはずです。

 

この感覚が分かると、【グリップをゆるく】とか

【下半身リード】といった多くのレッスン用語にも

心底、合点がいくでしょう。