達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アマチュアのパーは、2オン2パットじゃなく、3オン1パットが最高だ!

スポンサーリンク

初めから、3オン1パットのパーを狙おうよ!

 

パー4で、綺麗な2オン2パットじゃなく、

初めから、3オン1パットのパーをです。

 

 たまに、パーオンしちゃうこともあるだろうけど、

 

 

大事なことは、

気持ちの持ち方として、3オンでいいんだ、と思うことなのです。

 

 

パーオンしないとパーを取れないと

思い込んでいるために、

 

ドライバーショットやアイアンショットに

力が入ったり、無理をして

ミスが多くなるのです。

 

パーオンを狙うホールと、

3オンでいいんだというホールの

メリハリをしっかり付けるということです。

 

 

バンカー越えとか池越えを無理して狙わず

手前や花道に2打目を運ぶのです。

 

バンカーや池に入れてしまったら

ボギーも難しくなりますからね。

 

f:id:t6911:20170904103834p:plain

 

3オンでいいと思えば、

ずいぶん気持ちも楽になるはずです。

 

 

※3オン1パットをオススメする理由は、

 

ティーショットに力みが入らない。

 

 力まないから、バランスよく振れる、

 バランスよく振れるから、曲がらない、

 

 

まず、アイアンで上達させるべき

 ショートアイアンを数多く、実践練習が出来る。

 

 ショートアイアンに自信が付けば、

 飛躍的に他のアイアンショットも上手くなります。

 

そして何より、アマチュアゴルフのスコアの

 肝となるアプローチが毎回できる。

 

 やはりコースでのショットが一番練習に

 なるんです。

 

  これならワンピンくらいに寄せられるという

 アプローチを1種類でいいので覚えたいですね。

 

 

パットに対する集中力が身に付く。

 

 なんとか1パットで収めようとすれば、

 ライン読み、タッチ、ストローク

 良くなっていくものです。

 

 無造作に打っていたら、いつまでたっても

 上手くなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

3オンと決めれば、どこに刻めば、パーを取り易いか、

ルートを考えるようになります。

 

ゴルフ脳が鍛えられるのです。

 

f:id:t6911:20170904104214p:plain

 

2オン2パットでも、3オン1パットでも、

パーはパー。

 

ホールの攻め方は、直線ばかりじゃないはず、 

ジグザグだってパーは取れるんです。

 

自分の思い描いた戦略通りに、

ボールを運び、パーを取れた時の喜びは、

「ヤッター!」って感じです。

 

むしろ、これこそ、

マチュアゴルフの醍醐味でしょう。

 

たとえ、パーを取れなかったとしても、

比較的楽にボギーは、取れるようになります。

 

「あ~あ、またダボか」、

「今度はトリプルか」、

「ラッキー~、パーが取れた」、ではなく、

 

愚直に、ボギーという小さな成功体験を

積み重ねることが大事です。

 

※確実にボギーで収めるためには、

 

現時点の自分のゴルフの実力を冷静に考えることと

1球に対する集中力、

そして、

短いアプローチと1メートルのパットの練習が必要なこと、

分かりますよね。

 

単調で面白味に欠けるけど、

この地道な練習を続けることが出来れば、

いつの間にか、スコアは縮まっていくものです。

 

これは、間違いありません!