達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットは、自分の感性を信じて、しっかり芯で打つ事だね。

スポンサーリンク

ボールの後方にしゃがんで、スパットを決めて、

ボールに書いてある矢印を、

そのスパットに合わせるんだけど・・

 

いざ構えてみると「アレッ?」

何か違う、

 

ライン上からズレているような気がする。

 

それは、目の錯覚なのだろうか?

やはり自分の決めたラインを信じるべきなのか?

 

100%、心が決まらないまま、打ってしまうこと、

ありませんか?

 

 

たいてい、そんな時は入らないことの方が多い。

(たまに、打ち損なって、逆に入っちゃうこともあるけどね)

 

「ゴルフ アライ...」の画像検索結果

 

 

また、ボールに書いてあるラインに

直角にパターフェースを当てようと神経がいくばかりに、

 

全然打ててない、

まったくカップに届かない、こともある。

 

短いパットは、

しっかりラインを合わせて打ったほうが

結果はいいと思うが、

 

ドルパット以上は、

あまり神経を使わず、ただボールをポンと置いて、

自分自身が持っている感性や感覚で打つ方が

いいのかもしれないとも思う。

 

「ゴルフ ロング...」の画像検索結果

 

 

今のプロは、ずっとしゃがみ込んで、

ラインを合わせることに集中しているけど、

 

昔のプロはそんなことしてなかったし、

そもそもボールに線なんか書いて無かったしね。

高麗グリーンのゴルフ場も多く、

しっかり打つことが最優先事項だったのだと思う。

 

 

足裏で感じる傾斜とか、

もともと右手が持っている距離感を

大事にした方がいいのかもしれないね。

 

入るものは入るし、入らないものは入らない。

 

ラインを合わせたからって、絶対入るわけじゃない、

 

大事なことは、しっかり芯で打つ事、

打たなきゃ入らないのです。

 

原始的だけど、あのカップに入れるんだという

強い気持ちが一番かもね。

 

ショートパットは、30センチオーバーさせるつもりで

打つほうがいいし、

 

 

ロングパットは、入れにいくつもりの方がいい、

 

寄せにいこうとすると、ショートさせる場合が

多いような気がする。

 

大前提として、芯で打たなきゃ

どっちにしてもダメだけどね。

 

f:id:t6911:20170902090137p:plain

 

芯で打たなきゃ、球がよれよれになっちゃいます。

 

ショットに問題があるうちは、

なかなかパットまで神経がいかないけれど、

やっぱり家の中でも、短いパットでいいので、

しっかり芯で当てる練習をしたほうがいいね、

 

 

パターを握るのは、前回のラウンド以来なんて

言ってる人、ラインとかタッチとかの問題じゃないですよ、

 

パターの重さをたまには感じていないと、

そもそもパットのフィーリングが全く

無くなってますからね。