達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

苦手なスタートホールのティーショットは、万事これで上手くいく。

スポンサーリンク

朝イチのティーショット、苦手にしている人、

多いんじゃないですか?

 

 

プロだって、やはり緊張するっていいますからね、

マチュアなら、なおさらです。

 

まして、コンペで、多くの人が見ているなかでの

ティーショットは大緊張です。

 

ちゃんと当たるかな、

空振りはいやだし、

ヘッドの小さい3Wは、当たる気しないし、

アイアンでミスしたら、もっとみっともない。

 

 「え~い、行き先は、ボールに聞いてくれ~」

 

 

あなたの不安と緊張は、

そのドライバーの長さに対して感じるものでは

ないでしょうか?

 

クラブヘッド(ボール)が遠くにあるから、

上手く当たるか(当てられるか)、心配なのです。

 

だったら、短く持ったらどうですか?

 

ちょっと短く持つだけで

振りやすさと安心感は

格段に上がります。

 

f:id:t6911:20170823185002p:plain

    リッキー・ファウラー

 

長く持てば、ヘッドスピードは上がりますが、

ミート率が悪いため、球が散らばります。

 

短く持てば、当然ミート率は上がります、

 

つまり、飛距離についても、フルグリップの場合と

そう変わらないのです。

 

f:id:t6911:20170823184655p:plain

         今平周吾 

 

  メリットはさらにあります、

 

短い分、振り遅れがなくなり、

スライス防止にもなります。

 

打ち出したボールは、若干低くなるので

風がある日には、有効です。

 

f:id:t6911:20170823185521p:plain

      バッバ・ワトソン

 

ネ!いいことずくめでしょ、

 

日米、男女問わず、

多くのプロゴルファーも

グリップを短く持ってスイングをしています。

 

そのメリットを知っているからですね。

 

f:id:t6911:20170824062418p:plain

   ブルックス・ヘンダーソン

 

ネ!

マチュアこそ、

クラブを短くもつべきでしょ!