達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

まず覚えるべきアプローチは転がしだ、失敗しない最大のコツは?

スポンサーリンク

フワッと上げる、ロブショットなんかに

憧れを持っているアマチュアゴルファーは多いが、

 

 

マチュアが最初に覚えるべきアプローチは、

やはり、安全、確実な、転がすアプローチなのです。

 

使用するクラブは、ピッチングから52度くらいの

ウェッジが適当でしょう。

 

58度のウェッジでも、転がすアプローチは

出来ますが、ロフトが寝ているので、

どうしても、上げる動作を誘ってしまいます。

 

それが、トップやザックリをやっちゃう原因にもなるのです。

 

スタンスは閉じて、左足に体重を掛けます。

 

体重移動は必要ありません。

左足体重を保ったまま、打ちましょう。

 

ボール位置は、右足前、

当然、アドレスは、ハンドファーストになります。

 

f:id:t6911:20170822173016p:plain

 

そして、この転がすアプローチの最大のコツは、

 

そのハンドファーストで出来た

右手首の逆くの字を、

キープしたまま打つことです。

 

ボールを上げようとすると、

手首の角度がほどけ、ヘッドが垂れてしまって、

ミスの原因になります。

 

フォローまで、逆くの字をキープしながら、

上から下にヘッドを動かすことが大切なのです。

 

体を止めて、ヘッドだけ目標方向に出そうとすると

シャンクが出やすくなりますから

体の周りをヘッドが小さく回るような

フォローが大事です。

 

左のお尻を後ろに引く動きが

表現としては、ピッタリでしょう。

 

上げるアプローチより

転がすアプローチの方が、

チップインの可能性も高いし、

 

グリーンの傾斜もより分かるので、

パッティングにもいい影響を与えるはずです。