達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

左に突っ込みがちの人は、この2つの方法で、見違えるほどの球が打てる。

スポンサーリンク

飛ばしには、体重移動だと

信じて疑わないあなたは、

 

バックスイングでは右体重、

切り返しでは、極端に左足を踏み込んでいます。

 

 

でもこれは、ただのスエーです。

 

ミート率も悪く、チョロ、テンプラなどの原因にも

なります。

ヘッドの運動量より、体の運動量が多すぎるのです。

 

意識を変えてみませんか?

 

f:id:t6911:20170822142922p:plain

 

 体重移動を意識せず、

テークバックで、右肩を後ろに引き、

左肩をアゴの下に入れるようにしてみたら

どうでしょう。

 

体に余計な動きがなくなります。

 

軸ブレしないし、体の回転スピードも上がります。

 

 

 

ボールは、左足カカト線上、

 

いわゆるゴルフの基本とされている位置ですが、

あまりそのことに、捉われすぎてもいけないでしょう。

 

そこにボールを置くがために、

アドレスの時点で、

肩のラインが開き気味になり、

 

ダウンでボールに届かせようと、

体は左に突っ込んで、

カット軌道になっている人は、

 

f:id:t6911:20170822142504p:plain

 

ボールを 1,5 か2個分、中に入れてみるのも

いいかもしれません。

 

インパクトまで、体が残り、

インサイドアウト軌道で、振れるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

体重移動が大きすぎて、

ダウンで、左に突っ込みがちの人は、

この2つの方法を組み合わせれば、

 

効率の良いスイングになり、

当然、飛距離も大きくアップするということです。