達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パーオン率が低いアマチュアは、ウェッジセッティングが鍵だね。

スポンサーリンク

アイアンは、グリーンを狙うクラブなのに

なかなか、乗せることが出来ない。

 

 

アベレージゴルファーのパーオン率は、約3割だという。

 

つまり、

18ホール中、5~6ホールしか乗せられないということ、

平均すれば、そんなものかなとも思う。

 

アベレージゴルファーにとって、

アイアンはグリーンを狙うクラブじゃなくて、

グリーンそばに運ぶクラブだと認識した方が良さそうだ。

 

そこからいかにアプローチで寄せるか、なんですね。

 

最初から、運ぶクラブなんだという意識を持って打てば、

余計な力や欲が入らない分、

逆に結果が良くなるというメリットもありそうだし。

 

パーオン率が低い人にとって、生命線はアプローチ、

 

ということは、

ウェッジのセッティングが重要になってきます。

 

セットのピッチングウェッジの下に、

少なくとも、3本は入れたいですね。

 

f:id:t6911:20170819122939p:plain

 

ピッチングのロフトから一定のロフトピッチで、

48度、52度、56度とか、50度、54度、58度といった

セッティングはどうでしょう。

 

ウェッジの本数を増やすメリットは、

同じ打ち方で、距離を打ち分けられるということです。

 

同じ場所からアプローチをする場合、

手前なら58度、ピンが奥なら54度、さらに奥なら50度、

というふうに使い分けることが出来ます。

 

打ち方が同じなので、距離も合いやすく、

ミスも少なくなるでしょう。

 

上級者なら、1本のウェッジで、

いろいろな寄せ方も出来るでしょうが、

アベレージゴルファーは、出来るだけ同じ打ち方で、

シンプルに寄せたほうが、結果は良くなります。

 

f:id:t6911:20170819133303p:plain

 

又、ロフトピッチを揃えるだけでなく、

もし、バンカーが大の苦手なら、バウンスの大きい

バンカー専用のウェッジを入れるとか、

 

よく行くコースが、砲台グリーンが多いなら

60度のウェッジを入れるのも有りでしょう。

 

パーオン率が低いアベレージゴルファーは、

グリーンに乗らないという現実を受け止めたうえで、

 

どうすればスコアを一つでも縮められるかを考えて、

ウェッジのセッティングを考えたいですね。