達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

あなたの本当の飛距離は?むしろ飛ばない方だと自覚したほうがいいかも!

スポンサーリンク

「オレの飛距離は、250ヤードくらいかな」と

シレッと語る人がいますが、

本当かな?

 

250ヤードという距離は、結構ありますよ。

 

ドッグレッグホールで、ドライバーショットが

たまたまコーナーギリギリの最短ルートを飛んだために

グリーンから逆算してはじき出した数字ではないですか?

 

練習場では思い切り振り切れていても、実際のコースでは

緊張やら、OBさせたくないという慎重さもあって

ヘッドスピードも落ち、当然飛距離も落ちるものです。

 

本当に250ヤードなら、相当の飛ばし屋さんですが・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コースに行くと、

フェアウェイに、旗が立っていますよね。

 

f:id:t6911:20170817205416p:plain

 

キャディ付きではなく、セルフプレーが

多くなった今は、たいていのコースで

見られます。

 

その旗は、

一般的にはバックティから250ヤード地点に

立てられています。

 

レギュラーティなら、200から230ヤードといった

ところでしょうか。

 

その旗は、「IP」といって、

インタークロス・セクションポイントの略ですが、

もともとは平面上の2直線が交わる点という測量用語。

 

〝知らなかったー〟

 

コース設計の際の測量や、

コースレートを取得する際には

このIPの設定をする必要があるそうです。

 

ゴルファーには、コース攻略の安全ルートであり、

ティーショットの目安になっているんですね。

 

特に、ドッグレッグホールなど前方の状況が

よく分からないホールでは役に立ちます。

 

後続組の打ち込み防止のために、

旗を立てているコースも多いようです。

 

言ってみれば、アマチュアのドライバーショットの

落下点は、その辺りが圧倒的に多いということですが、

 

 

その旗が、見えるということは、ほぼ直線です、

思ったより遠くに感じませんか?

 

レギュラーティからでも、なかなかその旗まで

届かないこともあるんじゃないでしょうか?

 

f:id:t6911:20170818093357p:plain

 

実際のラウンドでは、

自分を過大評価するより、

むしろ飛ばない部類の

ゴルファーだと自覚しておいたほうが、

大ケガはしないものです。

 

その方が、力も入らず、意外と飛んだりします。

 

自分を飛ばし屋だと、少々思い違いをしている

ゴルファーは、必ず、同伴者より飛ばしにかかります。

 

力が入ってしまうんです。

 

力が入れば、ボールは曲がってしまいがち、

結果は目に見えてますね。

 

飛ばしこそゴルフと考えるか、

それともスコアを求めるのか、

人それぞれですが、

 

スコアを少しでも良くしたいならば、

やはり考え方(コースマネジメント)と

技術(ショートゲーム)が大切でしょう。

 

曲げずに、10ヤード飛距離を伸ばすことは

大変なことですからね。

 

 

やっぱり、

プロの300ヤードってのは、

とんでもない世界なんだ。