達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ラウンド中に、テンプラやチョロが出た時の、応急処置法はコレだ!

スポンサーリンク

テンプラ

チョロ

 

OBなどの大ケガにはならないものの、

精神的なダメージが大きいですよね。

 

 

当然、二打目は、かなりの距離が残るので、

大きいクラブを持たざるを得なくなってしまい、

力が入って、又、ミスショットをしてしまう・・

 

気持ちもスコアも、ボロボロ(泣)

 

 

ラウンド中に

突如、発生するテンプラやチョロ、

 

簡単に修正できる方法を紹介しましょう

 

※ テンプラ

 

原因・・ここぞとばかり、飛ばそうとして、

     打ち込む意識が強すぎると、頭が左に流れ、

     当然スイング軌道も鋭角になり

     その結果、ヘッドの上部がボールに当たります。

 

f:id:t6911:20170809201954p:plain

  こんなテンプラは、ウエルカムだ

 

修正方法・・上体を意識的に残し、

        スイング軌道をなだらかにする必要があります。

        顔を右に向けたまま振り抜くイメージを持つ事です。

 

        右肩がアゴの下にくるまで顔の向きを変えない意識を持つと、

        より確実に上体を残して振り抜くことができるでしょう。

 

        又は、ダウンスイング時に、右足のかかとの上がりを抑える

        意識を持つことも、効果があります。

 

www.tatsujin72.com

 

 

  

※ チョロ

 

チョロは、始末の悪いことに、

池越えや谷越え、打ち上げホールなどの

難しい場面で、いきなり出てしまいます。

 

池越え、谷越えホールでは、

即、OB。大ショック!

 

何とかしたいですね。

 

 

原因・・球を上げようとしてすくい打ちになり

     アッパー軌道でボールの上っ面を叩いてしまうのです

 

f:id:t6911:20170809202219p:plain 

   これは、チョロQだね

 

修正方法・・いつものボール位置より、一個分右(中)に

       セットしましょう。

       ボールの位置を変えても、手で合わせるのではなく、

       普段通りのスイングでOKです。

 

       切り返しで、しっかりと左足に乗ってから

       ダウンスイングすることが大切。

       上げる動きが払拭されてミスを防止できます。

 

www.tatsujin72.com

 

 

 

一流のプロでも、OBを打つ事だってあるのがゴルフ。

我々、アマチュアがミスするのは当たり前。

 

大事なことは、

いかにミスを引きずらずに、

次のホールからビシッと、

修正できるかどうかなのです。

 

www.tatsujin72.com