達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

なぜ、ドライバーより、1メートルのショートパットの練習が大切なのか?

スポンサーリンク

マチュアのゴルフは、

その日の体調や

スイングのタイミングのばらつきで、

スコアが大きく変わるので、

 

 

何が良かったのか、

何が悪かったのか、

判断できないでいる。

 

だから何を反省すべきかも、

何を修正すべきかも見つけられない。

 

難しいところですよね。

 

又、アマチュアの大きな勘違いは、

いいショットをすれば、

いいスコアになると

思い込んでる点です。

 

反対に、スコアが悪かったときは、

ショットが悪いせいだと

決めつけてしまっています。

 

f:id:t6911:20170810162554p:plain

 

とりわけ、ドライバーショットが、

飛ばないから、曲がるから、当たらないから

スコアが悪いんだ、と考えてしまいがちです。

 

ホールの最初に打つ、ドライバーの結果に、

一喜一憂し、こだわりすぎるから、

どうしても練習では、

ドライバーに重きを置いてしまうのでしょう。

 

あなたにも、こんなラウンド、過去にもあったはずです。

 

ドライバーが調子よかったけど、

アプローチやパットがダメで

スコアがまとまらなかったこと、

 

反対に、ドライバーは良くなかったけれど、

アプローチが寄って、パーが取れたり、

 

www.tatsujin72.com

 

 

あるいは、ショットが不調でも、

入れごろ外しごろのパットがよく決まり、

いいスコアで回れたことがあるのではないですか?

 

大抵のアマチュアのベストスコアは、

ドライバーショットの出来より、

アプローチや微妙なパットがよく決まったときの

ラウンドで達成しているのではないでしょうか。

 

f:id:t6911:20170810154903p:plain

 

ショートパットが決まれば、

メンタル面が安定しますよね、

 

www.tatsujin72.com

 

 

次のホールのティーショットにも好影響を与えます。

 

パットが決まることによって、ドライバーショットが

自然に改善されることも多々あるわけです。

 

あなたも、経験アリでしょう。

 

つまり、こだわるべきは、ドライバーではなく、

パットなのです。

 

www.tatsujin72.com

 

 

ショートパットの上達は、技術というより、

地道な練習の積み重ねでしょう。

 

日頃から、ショートパットの練習に励んで

「1メートルなら、絶対に外さない」、という

自信をつけられたら、最高ですね。

 

www.tatsujin72.com

 

 

ゴルフは、

ティーグラウンドからではなく、

グリーン上から、考えてみることです。