達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

30ヤードのアプローチこそ、スイングの基本の習得とスコアアップを約束するんだよ!

スポンサーリンク

過去にも、何度かアプローチショットの

重要性に触れていますが、

相変わらず、大きいショットの練習にばかり

時間を割いている人が多いようです。

 

 

ドライバーの練習で、アプローチを上達させることは

出来ませんが、アプローチの練習を重ねれば

大きなショットにも、必ずいい影響を与えます。

 

 

どんなスポーツに於いても、まず間違いなく

小さな動きから始めます。

 

ショートスイングの延長上に

フルショットがあるのです。

 

 

手先でも何とかなる距離でもなく、

フルショット出来る距離でもない、

30ヤード前後のアプローチを重点的に練習することで

スイングの基本の習得とスコアアップを約束されるのです。

 

f:id:t6911:20170809060504p:plain

 

でも、その30ヤード、難しいですよね、

 

ダフリやトップが多いし、

上手く打てても、距離が合わない・・

 

 

※まず、振り幅は、あなたが思っているより、

 ずっと小さいと思って下さい。

 

距離に対して、振り幅が大きすぎるため

オーバーしやすく、それを嫌がって

スイングスピードを加減することで

ミスをしている人が多いのです。

 

※体重は、ほとんど左にかけて下さい。

 

両足に均等に体重をかけて構えると

ダフリやすいのです。左足体重にして

ボールを少し左から見る構えにすると

クリーンにボールを捉えやすくなります。

 

f:id:t6911:20170808200659p:plain

 

※小さなショットでも、体の回転で打ちましょう。

 

距離感を安定させるには、

不確実な手首や手の操作を極力抑えて

体の回転で振り幅とヘッドの軌道をコントロールすることが大事です。

 

トップで左腕、フォローで右腕を伸ばすイメージで

肩と一体にして回して打てば、ヘッドは安定した軌道を

描くでしょう。

 

※左脇を締めて、体の回転で丸く振ります。

 

フォローでヘッドを目標方向に突き出すように振ると、

左脇が空いて、結局、クラブ操作の主体が手だけになってしまい、

シャンクも出やすくなります。

 

左脇を軽く締めて、体を回転させていけば、

ヘッドは自然にインサイド(左)に振り抜けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

練習の半分は、このアプローチに費やしたいですね、

結局、これが上達への一番の近道なのですから。