達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

鳥取発、牛骨スープの、「ごっつおらーめん」を食べてきた。

スポンサーリンク

さっぱりと、ソーメンもいいけれど、

やはり、たまに食べたくなるのが、

 

熱々のラーメンだ。

 

 

今回は、改装を終えた

ジャスコ鳥取店のフードコートに新しく出店した

「ごっつおらーめん」に行ってきた。

 

「ごっつおらーめん」は、

鳥取県中部の倉吉市に本店があり、

米子市に一店舗、鳥取市に二店舗、

そしてお隣、島根県松江市に一店舗構えている、

 

今、地元で評判の高い、牛骨ラーメンの店である。

 

f:id:t6911:20170803115946j:plain

 

ちなみに、「ごっつお」とは、

鳥取弁で、「ごちそう」の意味の方言である。

 

 

鳥取のご当地ラーメンは、豚骨や鶏ガラではなく、

牛骨をベースにスープを取っている。

 

全国的にみても、鳥取県の中、西部地域と、山口県

一部しかない珍しい存在である。

 

かつて、鳥取県中、西部は、

牧畜業、特に牛の生産が盛んで

牛の骨が手に入りやすかったのです。

 

その牛骨を使って、ラーメンを作り出したのが、

今から、およそ50年前のことでした。

西部の米子市に伝わった満州料理にヒントを得たとも

言われています。

 

東京銀座にも、地元出身の牛骨ラーメンの名店が

オープンし、着々とその名を浸透させているのが

この鳥取発「牛骨ラーメン」です。

 

今回、食したのは、

看板メニューの「ごっつおらーめん」。

 

f:id:t6911:20170803115851j:plain

 

牛骨と聞いて、少し脂っこくないのかと

想像されるかもしれませんが、

意外とアッサリしているんです。

 

しつこくないけど、しっかりコクは感じ取れます。

嫌なクセも全くありません。

 

麺は、ストレートの細麺。

全体のボリュームも、私には丁度いい。

 

アッという間に完食だ。

 

この味、間違いない。

 

 

地元の大栄スイカも最高だし、

そろそろ梨も季節を迎える。

 

f:id:t6911:20170803154427p:plain

 

真夏日が続くけど、

夏も、また良しだね。