達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

「モンスター」を攻略せよ!そろそろ松山英樹が爆発するぞ!

スポンサーリンク

 

前回出場した全英オープンでは、

最終日、スタートホールでの痛恨のOBで、

スコアを伸ばすことが出来ず、結局、14位タイ、

悔しさを噛み締めた松山英樹

 

さあ、その悔しさを晴らす舞台がやってきた。

 

 

今週は、世界選手権シリーズ、ブリジストン招待、

予選カットの無い4日間大会です。

 

舞台は、

アメリカ、オハイオ州

ファイアー・ストーンCC。7400ヤード、パー70。

 

ツアー屈指のロングコースだ。

 

f:id:t6911:20170803101628p:plain

 

 

 

大会に出場できるのは、

 

世界ランク50位内に入った選手、

 

又、世界各地のツアー競技で指定された大会の優勝者、

 

並びに、団体戦ライダーカップとプレジデンツカップの

代表選手が対象となる。

ライダーカップは、米国代表12名とヨーロッパ代表12名、

レジデンツカップは、米国代表12名と国際選抜チーム代表12名)

 

及び、前年ブリジストンオープン優勝者、

 

当年日本ゴルフツアー選手権優勝者だけ。

 

4大メジャーに次ぐ、真の世界一決定戦という

位置付けの大会の一つである。

 

日本からは、松山の他に、谷原秀人小平智が出場する。

 

すでに発表になったその予選ラウンドの

組み合わせが実に面白い。

 

松山は、

世界ランク1位で、昨年のこの大会の優勝者、ダスティン・ジョンソン

全米オープン覇者のブルックス・ケプカと回ることになった。

 

他に、全英オープン覇者のジョーダン・スピース

ロリー・マキロイジェイソン・デイ

 

リッキー・ファウラーは、

セルヒオ・ガルシアマット・クーチャー

 

アダム・スコットは、ジャスティン・トーマス

ジョン・ラーム

この組からも目が離せない、

 

 どの組もそれぞれ多くの観客を引き連れることだろう。

 

そして、このファイアー・ストーンCCの名物ホール、

モンスターの異名をもつ、667ヤードの16番、PAR5。

 

かつて、ここでトリプルボギーを叩いた

アーノルド・パーマーが「monster」と呼んだのが

きっかけだという。

 

f:id:t6911:20170803121247p:plain

 

飛ばし屋二人と組んだ松山は、

この難ホールをどう攻略するのか、楽しみです。

 

好きなコースの一つと公言する松山、

そろそろ爆発を期待したいですね。