達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

スコアがなかなか伸びない貴方は、100ヤード以内が苦手じゃないですか?

スポンサーリンク

大型ヘッドに長尺のドライバー、

 

ストロングロフトの飛び系アイアン、

 

 

パターも、形状、バランスの配分、グリップなど、

年々、開発、改良がなされ、直進性や方向性など

大幅な進歩を遂げています。

 

これらのギアにより、飛距離や正確性もどんどん

高まっているのに、肝心のスコアは伸びていない。

 

その理由は・・・・

 

100ヤード以内の取りこぼしに

あるのではないでしょうか?

 

 

あなたの前回のラウンドを振り返って下さい。

 

何回、ウェッジを使ったでしょう?

 

f:id:t6911:20170130154253j:plain

 

なかなかパーオンが出来ない我々アマチュアは,

かなりの頻度で、ウェッジを手にしているはずです。

 

グリーンは、すぐ目の前なのに乗らない、

気持ちは、いつもピンそばなのに・・・

 

そのミスの大きな原因は、

ロフト通りに打てていないことです。

 

 

ロフト通りに打てていないということは、

球を上げようとして、右サイドが下がり

すくい打ちになっているということ、

 

ロフトがより寝てしまって、全然、飛びません。

 

では、どうしたら、ロフト通りの球が打てるか?

 

左サイドを軸にして、腰を水平回転させる意識が

とても大切です。

 

体重移動は、必要ありません。

 

ウェッジは、すべてクオータースイングと心得るべし。

 

振り回していては、軸が安定しないし、インパクトも

当然、一定しない。球も散らばります。

 

f:id:t6911:20170731081915p:plain

 

////////////////////////////////////

ウェッジを大の苦手にしているあなたは、

 

左体重のまま

トップを小さく

左腰を中心に、クルッと水平に回る

 

まずここから始めませんか。