達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人のラウンド報告:酷暑の旭国際浜村・白兎コース、新投入のドライバーの出来は?

スポンサーリンク

 

達人のラウンド報告

 

今回は、旭国際浜村温泉GC 白兎コース

 

 

午前中は、まだ過ごしやすかったのですが、

午後からは、気温もグングン上がり、

最高気温は33度、芝の照り返しもあり、

多分、体感では40度近くになっていたでしょう。

 

f:id:t6911:20170727165451j:plain

 

年食うと、キツイね、この暑さ。

 

グリーン上での、パッティングのとき、

汗がポタポタ滴り落ちる。

 

体力がみるみるうちに、奪われていく、

プレーが雑になっていく。

 

集中力は、イコール、体力だ。

 

特に、夏場は、技術より体力だね

 

インコースからのスタートでした。

 

結果は、

パーが5、ボギーが3、ダボが1の

トータル、41。

 

パーオンは、わずか3ホールでしたが、

グリーンを、わずかに外れたショットも多く、

寄せワンが2個取れたので、

スコアも何とか、まとまった感じです。

 

ダボは、打ち下ろしから打ち上げの難ホールのロング。

 

ティーショットは良かったのですが、2打目の4Uをミスして、

4オン、おまけに、上からの3パットでした。

 

パット数は、16と、良くもなく悪くもなく。

 

f:id:t6911:20170727163056j:plain

   お昼は、これに、もちろん生の小ね。

 

アウトコースの結果は、

パーが4、ボギーが4、ダボが1の

トータル、42。

 

スタートから、ボギー、ボギー、ダボ、ボギー、ボギー、

 

分かっちゃいるのに、目一杯、食べて、飲んで・・

我ながら、情けない。

 

これじゃ、ダメだ。

 

そこから、意地のパーを4つ重ねての42、

パーオン、わずか2ホール、寄せワンが2つ、

パット数は15でした。

 

今回の反省点は、

パーオン率の低さ、

18ホールで、わずか5ホール。

もっと、バーディパットにチャレンジしなくちゃね。

 

アイアンは、悪くない、むしろ良かった方だと思うが、

タテの距離感が揃わない。

風の読みも甘いのだろう。

 

f:id:t6911:20170628091420p:plain

今回、初投入した、

キャロウェイ・LEGACYドライバー、

 

使用した13ホールの内、フェアウェイキープが9ホール、

上出来でした。

 

大きくブレることもなく、

飛距離も、前使用ドライバーより、

10ヤードは伸びていたと思う。

 

打点は、まだバラバラなので、打ち込みが必要ですが、

しばらくは、私のエースドライバーとして、いい仕事を

してくれそうです。

 

自宅に戻り、超ぬるめのシャワーを浴び、

鏡を見る、

 

ビックリ。

 

赤鬼だ、

ヤバイ、

まさにゴルフに行って来ましたという

 

別に、悪いことしたんじゃないけどね、

 

ご同輩、夏のゴルフには、くれぐれもご用心を!