達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

飛ばしたければ、左手でピストルの引き金を引く!?

スポンサーリンク

物騒なタイトルになってしまいましたが、

 

この「ピストルの引き金を引く」というフレーズは

 

ルフレッスンに於いては、

例えとしてよく使われていたんです。

 

何のこと?

 

ピストルって何?

 

f:id:t6911:20170724183447p:plain

 

説明しておきましょう。

 

飛ばすためには、

体の左サイドを意識しましょう、と

以前の記事にも書いたのですが、

 

記事を読んでくれた友人から、

 

何となく分かるけど、

どうしても「リストターンが上手く出来ない」、

「左脇が空いてしまう」、

「やっぱりスライスが直らないんだなー」と

 

苦情にも似たご意見をいただいたので、

どういったアドバイスなら、効き目があるのかと

思案していたとき、フッと思い出したんです。

 

はるか昔、

「ピストルの引き金を引く」という言葉を聞いたことがあると。

 

もちろん、私も、練習場で試しました、

良かったんです、実際。

 

でも、いつしか忘れちゃうんですね、

あれもこれも、片っ端からいろいろな練習方法を

やってるうちに、すっかり記憶から

抜け落ちてしまっていたんです。

 

 

 

そろそろ、本論に入りましょう、

 

スイングの流れとしては、

 

左サイドを意識してテークバック

 左腰の出っ張ったところを意識すれば、右に

 流れません

          

 

トップで、クラブの重さを感じる

 グリップはゆるく、右手は、中指と薬指で

 引っかける感じですよ

          ↓

 

ダウンスイングは、左ポケットを真後ろに

 引っ張るイメージで、腰を回転させる

          

 

ハイ、ここで、バギューン。

 

 左手で軽く、ピストルを持っているイメージで

 インパクトの瞬間、人差し指で引き金を引けば、

 すべて解決です。

 

 意識しなくても、左手リードができ、

 左脇も空かず、フェースターンも上手くできます。

 

 これで、どうでしょう? ご同輩。

 

 私も、今度、もう一度やってみよ!

 

www.tatsujin72.com