達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ダフリ撲滅練習法、ちょっと難しいけど、チャレンジする?万能だよ、コレ!

スポンサーリンク

トップなら

球は取り合えず前に飛ぶから、まだ許せるけれど、

ダフリは、

 

本当にガッカリです。地球にも心にもグサリと

突き刺さります。

 

なぜ、ダフってしまうのか?

 

ダフってしまうほとんどの理由は、

球を上げようとするアッパースイングと

ヘッドアップです。

 

コックが早くほどけて、クラブが下から入るので、

持ち上げるスイングになり、

結果を早く知りたいので、顔が上がってしまうのです。

 

練習場のマットは滑るので、多少ダフっても

球は前に飛びますが、コースでダフったら、

アウトです。

 

 

せっかくドライバーでフェアウェイのいい所に

打ってきたのに・・・

 

ショックを引きずってしまい、

次のショットもミス、

もはや、集中力も消え失せ、

スコアもままならないままで、一日が終わる、

 

そんな経験ありますよね!

 

 

さあ、ダフリ撲滅練習法、チャレンジしましょう!

 

チャレンジしてほしいのが、

3センチほど、ティーアップしたボールを打つ練習です。

 

「ゴルフ ティー...」の画像検索結果

 

とてもシビアな練習ですが、

この練習は、アイアンのダフリ撲滅のみならず、

ドライバーショットにも絶大な効果を生み出します。

 

つまり、レベルブローで、球を捉えることができるようになり、

スピン量の少ない、飛距離の出る球を打てるようになるのです。

 

ドライバーのテンプラが多い人にも、有効な練習法です。

 

これは、間違いありません。

 

ダフっている場合は、ゴムティを直接打つ音がします、

べチャっと、嫌な音です。 

 

手にも感触が残ります。

 

うまく打てないときは、

以下のどれかが足りません。

 

 

 ※軸をしっかり保つ、

※ボールと目の距離を変えない、

※前傾姿勢を変えない、

※ダウンスイングで、右肩を下げない、

※コックを早くほどかない、

※腰を水平回転させるイメージをもつ・・

 

スイングタイプは、人それぞれですから、

自分に合う方法をじっくり考え、いろいろ試すことが大切です。

 

じっくりと根気よく取り組んで下さい。

 

持つクラブは、7~9番アイアンがいいでしょう。

 

アドレスは、クラブヘッドを下にペタッと

置かないで、ティーアップしたボールの赤道あたりの

セットします。

 

実際のラウンドのショートホールでも、

このアドレスを取れば、

ミート率は確実にアップするでしょう。

 

 

滑るマットに救われたショットを何万発打っても、

コースでは、通用しませんよ、

 

さあ、練習場に行きましょうか!