達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

この際、アプローチを、あのグリップでやってみようよ!

スポンサーリンク

 

 

レッスン書にある、ありとあらゆる方法を

やってみたんだけど、

 

 

両肘を張って、振り子のように振ったり、

グリップを、逆オーバーラッピングにして打ってみたり、

 

いろいろ試してみたんだけど・・

 

結構、練習したつもりなんだけど・・

 

f:id:t6911:20170702101230p:plain

 

やっぱり、グリーン近くに来ると、

ダフったり、逆にトップさせたりして、

苦手意識がどうしても拭えない人、

 

寄せるどころじゃなく、ボールに当てることに

精一杯です。

 

仕方なく、かなりグリーンまで距離があるのに、

パターを持って、転がしをする人もいます。

 

でも、残念ながら、案の定、ラフに食われ、

グリーンに届かず、もう一回、もう一回、

なんて、悲惨な状況に陥っています。

 

なんで、上手くいかないんだろう?

 

近いからこそ、結果を早く見たくなるので、

体が伸びる、そうすると反対に手が落ちてダフる。

 

逆に、ダフるのを嫌がって、ヒョイと手を持ち上げると

ボールの頭に当ててしまいトップ。

 

通常のグリップだと、

右手が左手より下にきます(地面に近い)から、

当然、右肩が下がる。

 

そうするとどうしても、利き腕の右手が勝ってしまい、

持ち上げようする動きになる。

 

器用な右手で、操作しがちになってしまうのです。

 

 

ここらで、発想を変えませんか?

 

アプローチを、すこし長めのパットだと考えましょう。

 

パットグリップの、クロスハンドやクローグリップで

アプローチしてみませんか、という提案です。

 

f:id:t6911:20170702100438p:plain

 

これらのグリップの良いところは、

 

クロスハンドは、構えたとき、右肩が下がらない、

つまり器用なだけに悪さをする

右手や右手首の動きを抑制することが出来るからです。

 

クローグリップは、右手は添えているだけなので、

こねたりする動きも排除できます。

 

そして、両グリップとも、手先だけでなく、

体の回転で打ちやすいということが最大のメリットです。

 

間違いなく、ミスショットは減るはずです。

 

ただし、このグリップでは、せいぜい20ヤードくらいが

限界でしょう。

 

グリップを壊さない、テークバックをしようとすれば、

右ひざくらいまでしか上がらないからです。

 

でもこのくらいが、コースでは、一番残ったりしませんか?

 

 

人がやってないからといって、恥ずかしがってはダメですよ、

 

これらのグリップは、最初は邪道といわれていたのに、

今では、スタンダードですからね。

 

パットだけに使うには、モッタイナイ。

 

普通にやって上手くいかないならば、

形にこだわることはないでしょう、

 

寄ったもん勝ちですよ!

 

体重配分は、左6、右4.

体重移動はしません。

ボールは、真ん中でいいでしょう。

 

慣れるまでは、すこし練習を要するでしょうが、

ショートアプローチが苦手な人は、

このグリップ、やってみる価値、大ありですね。

 

www.tatsujin72.com