達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

プロが「とりあえず、予選通過が目標」なんて言ってるうちは・・

スポンサーリンク

試合前のインタビュー、

 

「とりあえず、予選通過を目標に・・・。」

こう答える新人選手がいますよね。

 

 

分をわきまえている、

自分の実力をよく知っている、とも

言えるでしょうが、

私は、なにか寂しい。

 

 

無理をしないゴルフ、

大叩きしないように安全第一に、

 

予選通過のゴルフは、

マチュアの試合のゴルフだ。

 

プロとは、高度な技量の基準をクリアした者だけが

なれる、その道のエリートである。

その点では、皆、横一線ではないか。

 

プロだったら、せめて

「勝てるように頑張ります、」くらい

言って欲しい。

 

しかし、現実的な問題として、

予選通過をしないことには、一銭も

手元に入らない。

 

確かに、切実な問題ではあるが、

そこが、目標ではないはず。

 

プロであれば、やはり目標は、勝つこと、

優勝することだ。

 

 

優勝カップを掲げたいために、

大金を稼ぎたいために、

名声を得たいために、

プロを目指したはず、

 

選手のファンも、それを願っている。

 

プロスポーツの世界では、遠慮や謙遜は

必ずしも美徳ではない。

 

大ぼらでもいい、自分を奮い立たせる意味でも、

「目標は優勝です!」って、言ってほしい。

 

f:id:t6911:20170630160530j:plain

 

 

同じプロなのだ。

 

自分が、自分と交わした約束を守ることは、

大変難しいけれど、

守ろうと努力し、戦わないと成長はできない。

 

 

「予選通過したから、これからの決勝ラウンドは、

攻めていきます」って言ってるけど、

 

ウーン、何か、違う。

そんなにうまく切り替わるものではないと思う。

 

予選通過に汲汲とするゴルフ、

染みついた小さなゴルフは、

そう簡単には、変わるものではない。

 

どこか、予選通過で満足してないだろうか?

私には、そう思える時がある。

 

 

ギアをローから、トップに素早く入れ替えることが

出来るのは、本当に強い選手だ。

 

松山英樹選手の、

とりあえず予選通過が目標ですなんて言葉、

聞いたことがない。

 

若い選手は、守りより、攻めなのだ。

 

自分を甘やかしたり、

いつも言い訳や逃げ道ばかり探しているより、

勝負ルートを見つけるべきだ。

 

 

それが、プロ選手というものだ。

マチュアではないのだ。

 

これは、ゴルフの世界のみならず、

会社でもどこでも同じだろう。

 

【勝つ】という強い意志がないと

いつまで経っても優勝なんかできないよ。

 

f:id:t6911:20170630114239p:plain

 アメリカ女子ツアーで、奮闘中の

畑岡奈紗さん、

 

慣れないことだらけで、

大変だろうけど、頑張ってほしいね。

 

くれぐれも、小さなゴルフにならないように。

 

あなたの持ち味は、攻めるゴルフですよ。