達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

お宝発見!キャロウェイ・レガシードライバー、その評価は?

スポンサーリンク

 

毎年のように、いろんなメーカーから

新ドライバーが発表されます。

 

そして、謳い文句は、【飛距離〇〇ヤードアップ!】

 

まあ、そうですよね、

ドライバーに求めるのは、飛距離ですからね、

当たり前と言えば当たり前です。

 

しかし、以前にも書いたように、

毎年、例えば、10ヤードもアップすれば、

10年後発売のドライバーは、今より100ヤード飛距離が

伸びてなきゃいけないけれど、

現実的には、不可能でしょう。

 

たとえ古くても、

最新ドライバーに引けを取らない

クラブは必ずあるんです。

 

しっかり打ち込んで、自分のモノにすれば、

安心感とともに、それ相応の飛距離も保証してくれます。

 

安心感がとても大事なのです。

 

その中で、見つけたのが、

キャロウェイが2008年発売した

初代レガシードライバーです。

 

ネットで、信じられないほど安く

手に入れました。

 

 f:id:t6911:20170628091420p:plain

 

それだけでも、お得感いっぱいで嬉しいけれど、

練習場で打ってみて驚いた。

 

好感触です、

やっと見つけたぞ!って感じです。

 

まず、スペックを紹介しておきましょう、

長さ:46インチ

ロフト:9,5

硬さ:SR 

重さ:292 g

バランス:D2 

シャフト:オリジナル、スピードアクシス55W

 

ややディープフェースのせいか、構えてみると

若干、小さく見えるが、不安をあおるほどではない。

 

引き締まったストレートフェースである。

たたずまいは、非常にオーソドックスだ。

 

最近は、直進性重視や、球の上がりやすさを

求めるために、少し変わった形状のヘッドが

見られますが、これは非常に構えやすい。

 

 

 

f:id:t6911:20170628114323j:plain

 

重さも私には丁度いい、

無理なく、振り切れる重さである。

振り切れれば、飛距離も出る。

 

 

シャフトのしなりもクセがなく、

安定している。

 

ヘッドの挙動も安定しているので、

ミート率も上がる、

ミート率が良くなれば、飛距離はもちろん

直進性もあがる、

つまりフェアウェイキープ率も

格段に向上するというわけだ。

 

ちょっとコスッタかなと

思っても、スライスにならずに、

ストレートに飛んでいる。

 

出球の安定度が抜群です。

 

ティショットに気を使わないで済むのは

何よりの安心感があり、

ゴルフの組み立てもずいぶん楽になりそうです。

 

f:id:t6911:20170628114221j:plain

 

力強い、中弾道で、前の使用クラブより、

確実に飛んでいる。

 

ナンダ、このクラブは?

 

驚きとともに、感動。

 

 

インパクト音も、軽い金属音で、爽快である。

へんな衝撃が手に残らない、

前へ、前へと飛んでいる。

 

非常に心地良い。

 

 

ちょっと褒め過ぎくらいの、この好結果は、

たまたま、私のヘッドスピードや、

スイングに合っていたという理由もあるでしょうが、

 

多くのゴルファーに必ず恩恵をもたらすに

違いない、そう思える素晴らしいクラブである。

 

まだまだ遺産(レガシー)にしてはいけない

ドライバーだろう。

 

飛距離:9,5 

上がりやすさ:8,5 

操作性:8,0 

打感:10

構えやすさ:9,5 

ミスの許容度:10

 

 

古いクラブだからといってバカにしてはいけませんね。

 

お宝は、まだまだ眠っているでしょう。

 

これだから、私のクラブ探しの旅は止められません。