達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

スポーツ選手のインタビュー、「最高でーす!」ばかりじゃ能がないよ。

スポンサーリンク

プロ野球の試合後のヒーローインタビュー、

「最高でーす!」

 

〇〇の一つ覚えのように、多くの選手が

連呼している。

 

ナンダかなーだ。

 

ほんの短時間のインタビューなので、

感情の発露としたら、【最高でーす!】が

ピッタリなのかも知れないが、

誰かの使いまわしは、あまりに能がない。

 

f:id:t6911:20170623183523p:plain

 

 

チャリティーイベントに、顔を出した

サッカー選手、

子供たちと触れ合った後のインタビュー、

「逆に、子供達から、パワーをもらいました。」

 

ホントかよ?

いじわるな私は、思ってしまう。

 

これも、どこかで使い古された

定番の答えだ。

 

昔のお相撲さんは、マイクを向けられると、

取組後すぐだということもあって、

「ハー、ハー」と息荒く、

インタビュアーの問いかけには、「そっすねー」、

で、最後は、「ゴッツアンです」で終了。

 

まあ、そんなもんだった。

 

よく、お笑いのネタにも使われていたものだ。

 

しかし、最近のお相撲さんは違う、

理路整然、立派な応答をする。

 

マスコミへの対応、インタビューの受け方など

協会からの指導もあるのだろう。

 

  

石川遼の受け答えは、律儀で誠実で、

聞いてるこちらが

「もういいよ、遼クン、ありがとう、

話なんかしたくなかったら、断ったらいいよ、」と

思ってしまう。

 

宮里藍も遼クンと同じく、

誠実にそして丁寧な受け答えをする。

 

しかし、語尾に「・・・・でー、・・・・でー、」

が頻発に使われるのは、私は気になって仕方がないが。

 

 

それにしても、卓球のチョレイ張本智和クン、

 

連勝中の将棋界のプリンス、藤井聡太クン、

 

見事な受け答えをする。

 

大人びた物言いに、驚かされる。

 

まだ、二人とも、中学生だからね。

 

f:id:t6911:20170623184501p:plain

 

女子卓球の平野美宇サンや伊藤美誠サンは

高校生である。

 

平野サンは、少々、天然が入っているが、

それも愛嬌だ。

 

負けてるぞー、大人。

 

発する言葉は

その人の“”人となり“”だけでなく、

その人がしているスポーツ全体のイメージを表す。

 

インタビューを受ける選手は、

その辺をしっかり自覚しないとね。

 

きちんと接し、言葉を選び対応する人には、

人は間違いなく好感を持つものだ。

 

「最高でーす」、じゃなく、「最高でーす、か?」

 

せめて、これくらい言ってみな!

 

www.tatsujin72.com