達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

目からウロコ、左足の踏み込み。華やかな女子プロとレジェンドが。

スポンサーリンク

女子ツアー、アースモンダミンカップ初日の

テレビ中継を見ていたとき、

 

 

ラウンド解説の茂木プロから、

イ・ボミ選手のダウンスイングの時の

 

左足の踏み込みがいつもに比べて浅いという

話がでた。

 

その時、私には、その言葉が天の啓示のように響いた。

 

左足の踏み込み

 

これだ!

 

まさしく、私のスイングに足りないものの一つだろう。

 

ダウンスイングの際、左足で、しっかり地面を

踏みしめる。

 

f:id:t6911:20170622171538p:plain

私の場合は、テークバックの時に少しヒールアップするのだが、

打ち急いで、左足が地面に着くかどうかの時に

球を打ちにいっているのではないか?

 

左足を踏みしめてはいない。

体重が乗っていないということ。

 

だから、球も弱々しいし、高さが出ないのではないか?

高さが出なけりゃ、当然、距離も出ない。

 

左足を踏み込んでから、ダウンに入る、

その、ほんの一瞬の“”間“”が大切なのだ。

 

 

地面を踏んでからダウンスイングに

入れば、その分、タメも出来るはずだし、

いわゆる、左の壁も自然に作れるのだ。

 

練習の重点を、【手の振り】ばかりに置きがちになっている

私には、まさに目からウロコ。

 

今から、次回の練習が楽しみだ。

 

 

それにしても、

女子ツアーは、華やかだ。

 

画面に、次々と次代のニューヒロインたちが

映し出される。

 

変わり映えのしない男子ツアーとは大違いだ。

 

ツアーが充実し、注目度も高い。

もちろん、ギャラリーの数も相変わらず多い。

だから、若い娘たちは、切磋琢磨し、より高みを目指す。

 

f:id:t6911:20170622191717p:plain

 

飛距離もそう変わらないおじさんゴルファーは

絶対、女子プロのほうが、参考になる。

 

 

どの組について回っても、面白いだろう。

 

そのなかで、本当に久しぶりの顔を見た。

 

不動裕理である。

 

f:id:t6911:20170622203849p:plain

 

2003年には、年間10勝を挙げ、

賞金王6度、通算50勝を挙げた

もはや、レジェンドの絶対女王である。

 

選手層の急激な若返りが進んでいるなか、

ベテランのゴルフは、やはり味がある。

 

キャディにおんぶに抱っこの若手ゴルファーとは違い

自分自身で考え、判断し、組み立てながら、

コースと戦っている印象を受けた。

 

若手ゴルファーは、不動から学ばなければ

ならない点は、多すぎるほどある。

 

二日目を終わり、実力者が上位に並んだ、

成田美寿々笠りつ子、鈴木愛・・

 

優勝争いも面白いが、予選を通過した不動裕理

円熟のゴルフも興味深いね。

 

www.tatsujin72.com

 

www.tatsujin72.com

 

www.tatsujin72.com