達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフスイングの要、テークバックについてもう一度考えた

スポンサーリンク

どうも、テークバックがしっくりしない、

そんなゴルファー、多くいるんじゃないでしょうか?

 

 

コースで、一旦迷ってしまうと、もうイケマセン。

途中で、あれこれ試して、迷路に迷い込み

ショットはバラバラ

 

f:id:t6911:20170621173910j:plain

 

帰りの車の中で、自己嫌悪と深い後悔の

海に沈んでいくことになるのである。

 

テークバックの方法やコツなどのレッスンは、

巷に溢れています。

 

①ゆっくりクラブヘッドを引きずるように・・・

②30センチは真っすぐ引く・・・

③両腕の三角形をキープしながら・・・

④コックを入れながらサッと上げる・・・

⑤右肩を頭の後ろに持っていく・・・

⑥右ひじを少し引く(曲げる)・・・等々。

 

それぞれについて考えてみましょう。

 

①については、大きな スイングの弧を

作ることができるので、

飛距離も出るだろうが、

プロやアスリートゴルファーのように、

体力、筋力がないと難しいだろう。

 

私には、とても出来ない。

テークバックの途中で、体が早くボールを

打ちたがってしまうからだ。

 

体も右にスウェイしやすいという欠点もある。

 

②は、クラブをインサイドに引っ張り込んだり、

手先でヒョイと上げてしまうゴルファーの

矯正のためのアドバイスでしょう。

 

③も②と同じ理由だと思うが、

右ひじのたたみが遅くなり、正しいスイングプレーンに

乗せられないという弊害も生む。

 

④は、打てる態勢を早く作れるという利点があるが、

やはり、手先でこなしてしまい、左肩の入りも

甘くなる気がする。いわゆる捻転不足だ。

 

⑤については、正直言って、よくわからない。

トップの形を見れば、そうなっているんだろうけど・・

 

f:id:t6911:20170621173624p:plain

 

⑥が、一番シンプルで、解かりやすい、と思う。

テークバックの開始と同時に、

右ひじを少し曲げながら後ろに引く。

 

ポイントは曲げた右ひじが体側の幅から

はみ出さないことと左腕は真っすぐにすること。

 

 

分かったつもりでも、

よし、これでOKだ、

と思っていても

不思議なくらい日々、スイングは変わる。

 

片山晋呉が、かつて、スイングマシーンに

なりたいと言ってたけれど、

あれだけの練習と研究を重ねているプロでさえ

そう思うのだから、

マチュアのスイングは日替わりで、

良くなるどころか、

後退している気さえするものだ。

 

すべてのゴルファーに適する法則はない。

個々の体格や筋力、目指すゴルフ、

持ち球などによっても違ってくる。

 

⑥が私に合っているというだけで、

すべてのゴルファーに

適するということではない。

 

必ず、あなたに合った、しっくりくる

テークバックが見つかるはず。

 

 始めよければ終わりよしという言葉が

あるように、テークバックはスイングの要です。

 

研究してみて下さい。

 

www.tatsujin72.com