達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

全米オープン、松山はメジャー初制覇を視界に捉えた!

スポンサーリンク

さすがと言っていいでしょう。

 

全米オープン2日目、松山英樹は、大爆発した。

 

 

イン30、アウト35.7バーディ、ノーボギー、

ベストスコアタイの65で、

一気に首位と2打差の8位タイまで、順位を上げた。

 

このコースは、ラフに打ってしまうと、

ボギー以上は覚悟しなければならないと

松山は試合前に語っていたが、

まさに初日は、そのラフの餌食になり、

スコアは2オーバーの74、

予選通過も危ぶまれる82位タイに沈んだ。

 

初日の松山のフェアウェイキープ率は、64%。

フェアウェイは比較的広いといわれるこのコースでは

全く、物足りない数字だ。

当然、パーオン率も落ちる。

 

しかし、松山は逞しくカムバックしてきた。

 

練習場での打ち込みと、宮里優作に同行している

優作の父、優氏のパットに関するアドバイス

功を奏したのか、

 

60度のロフトをより寝かせているというウェッジの

コントロールショットが抜群で、

パットも気持ちよくラインに乗っていた。

 

ティショットが安定すれば、松山のアイアンの

上手さは、他のツアーメンバー全員が認めるところ。

 

パットさえ修正出来れば、

予選通過は問題ないだろうと思っていたが、

松山の潜在能力とそれをきちんとアウトプットできる

ハートには、本当に驚かされる。

 

予選通過どころか、見事に首位戦線に躍り出たのだ。

 

松山と同組のリッキー・ファウラーと

ジョン・ラームのゴルフも気になりますね。

 

大会前の優勝予想ランキングで、1位とされたファウラー

初日65と飛び出し首位に立ちましたが、2日目は73と

一つスコアを落とし、5位タイ。

 

同じく予想ランキングで4位に推されていたラームは、

通算5オーバーの予選落ちで、コースを去ることになった。

 

予選通過は、1オーバーまで。

 

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは4オーバー

2位のロリー・マキロイは、5オーバー、

3位のジェイソン・デイは10オーバーでそれぞれ予選落ち。

 

f:id:t6911:20170617093907p:plain

          18番:PAR5

 

このコースの難しさが分かります。

 

そして、日本からの出場選手ですが、

小平智宮里優作が共に、トータル2アンダー、24位タイで

見事に予選通過を果たしましたが、

 

池田勇太は、予選通過に1打及ばず2オーバー、

谷原秀人は、4オーバー、今平周吾は、5オーバーで

悔しい予選落ち。

 

ポール・ケイシー他3名が、

7アンダーで首位に並んでいます。

 

首位とはわずか2打差の松山、

日本人で、最初のメジャーチャンピオンとなれるか?

 

あと2日間、私のドキドキが続きます。

www.tatsujin72.com