達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

古希を迎えた天才ゴルファー、ジャンボは一体どこへ向かう?

スポンサーリンク

脊柱管狭窄症のため、腰が折れ曲がり、時折

クラブを杖代わりにコースを歩くジャンボを

見るのは辛い。

 

 

全盛期のジャンボを知るだけに、

【もういいんじゃないの】と

思ってしまうのは、私だけではないだろう。

 

f:id:t6911:20170614174707p:plain

 

 圧倒的な飛距離と、小技の上手さは追随を

許さなかった。

 

日本のゴルフのスタンダードが変わった。

 

キャリア半ばでは、肘や肩の故障、

パターイップスに罹りながらも、

 

日本ゴルフツアーで通算94勝、賞金王12回、

2010年には世界ゴルフ殿堂入り、

華々しい経歴である。

 

66歳のとき、つるやオープン初日に62を叩き出し、

レギュラーツアー史上初のエージシュートを達成、

まさに生ける伝説のゴルファーである。

 

イーグルやバーディを取った時の、

どうだと言わんばかりの、コブラポーズ

 

f:id:t6911:20170614065232p:plain

 

短髪で、原色系の派手なシャツ、

ヴェルサーチの3タックパンツ、

むしろ、M・Cハマーが穿いていた

サルエルパンツのようだった。

 

横柄な態度や言動、ルール違反で、

マスコミや世間から

叩かれることもあった。

 

今じゃ、考えられないが、

ティーグラウンドで、

たばこを吹かしているジャンボの姿を

テレビで何度も見たものだ。

 

強いから、勝っているから、

誰も諫めることが出来なかった。

まさにお山の大将だった。

 

時に眉をひそめてしまうゴルフ界の

アンタッチャブルな存在だったのだ。

 

しかし、ジャンボが登場したことによって

一気にゴルフ界が盛り上がり、

プロゴルファーの社会的地位を高めたこと、

果たした多くの功績を否定するものではない。

 

自身や兄弟(建夫、直道)や飯合肇、東聡、

川岸良兼などとジャンボ軍団を結成、

後輩のプロゴルファーたちの指導、育成にも

熱心に携わった。

 

ジャンボはクラブに対する造詣も深く、

P/S(ピッチングサンド)の開発や

ウェッジのフェース面のノンメッキ、

アイアンのカーボンシャフト、

パター上部の白いサイトラインなど積極的に取りいれ、

以降のゴルファーたちに大きな影響と

恩恵を授けたことも忘れてはならないだろう。 

  

日本では、敵なしの強さだったが、

マスコミには、【内弁慶】と揶揄されたように

海外ではこれといった成績をあげることは出来なかった。

 

知っている限りの英単語を並べ、身振り手振りで、

外国人選手の中に交わっていった青木功とは対照的に、

シャイで、外国人、英語コンプレックスがあったジャンボは、

あの大きな体を小さくして、借りてきた猫のように、

口の端に小さく笑みを浮かべるだけだった。

 

招待されたから仕方なく行っただけで、本人は

外国など行きたくなかったのだと思う。

 

ジャンボは、見かけとは違い、小心で、

ガラスの心の繊細すぎる天才ゴルファーなのだ。

 

ジャンボが最後に勝ったのが、2002年の全日空オープン、

もう15年も前の事だ。ここ3年は一度も予選を通っていない。

昨年は12試合に出場し、うち9試合で途中棄権。

 

f:id:t6911:20170614070435p:plain

 

あまりに棄権が多いジャンボに対し、

永久シード権の濫用だと非難する声があがっているが、

 

それは、違う。

正当な権利の正当な行使だと私は思う。

 

シニアツアーには出ないと公言しているジャンボ、

誰にも譲れない彼の強烈なプライドだろう。

 

私生活では、05年に多額の負債を抱え、

民事再生法の適用申請をしている。

ゴルフ場開発が一つの原因だったと言われているが。

 

その翌年には、40年連れ沿った妻とも離婚。

 

人生はどう転ぶか誰も分からない。

 

何が、人生を分けるのか?

 

今や、日本ゴルフツアー機構の会長として

精力的に活動する青木をみて

ジャンボは、今、何を思うだろう?

 

 

今年の1月に、70歳を迎えたジャンボ、

「今年結果が出ないようならクラブを置くだろう」と語り、

あらゆるメディアの耳目を集めている。

 

一見すると、大胆で豪快、横柄にも見えがちだが、

実際のジャンボは人情味に溢れ、愛すべき人間だという。

 

孤高を保ち、気丈に振る舞うことで、

自身を維持してきたこのところの数年は

どんなにか屈辱だったことだろう。

 

誰に、何と言われようと、ジャンボはゴルフを

愛しているのだろう。

 

 

自分の場所はゴルフ場にしかないことを。

 

 

すでに、ジャンボは潮時を悟っているはずだ。

 

f:id:t6911:20170614175705p:plain

 

我々は、最後の日まで、

偉大なゴルファーを

静かに見守るだけなのだ。