達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

これからの季節、シューズ選びも大事、達人の愛用シューズも!

スポンサーリンク

今回は、ゴルフシューズについて・・・

 

梅雨どきのゴルフや

これからやってくる夏の日のゴルフ、

ウェアに限らず、気になるのがシューズです。

 

 

ゴルフシューズは、

特に土踏まずに着目して作られています。

 

シューズはアッパー、インナー、ソールの

3つの部分で構成されていますが、

そのインナーの部分にパットを入れて、

土踏まずが落ちないように工夫されています。

 

土踏まずが深い(足の甲が高い)と、グリップ力が高いので

アドレスの安定や、斜面でのショットに効果があります。

 

スプリング効果もあるので、スイングフォームも崩れません。

 

ただ、コースを長時間歩いているうちに、体重の重さで、

足の甲が下に下がり、土踏まずが浅く、平らになってきます。

 

そうなれば、当然グリップ力が弱まり、足にも疲労が溜まります。

アドレスが不安定になり、ミスショットを誘発します。

 

それだけ、ゴルフにおいては、シューズが大きな役割を

果たしているのです。

 

f:id:t6911:20170613125441j:plain

   ウエアに赤が入っているときに、

   このシューズを履くことが多いかな?

 

※ シューズの重さ

 

革製のものは、軽いウレタン製のものより、重量があるので

アドレスやショットの安定性でいえば、軍配が上がりますが、

歩いているうちに、汗や芝の水分を吸い重くなり、疲労を呼びます。

 

疲労はショットに影響が出ますので、

たまにしかコースに出ない人、

普段あまり運動をしていない人、

女性なんかには、軽いウレタン製のシューズの方が

無難でしょう。

 

しかし、ウレタン製にも欠点があります。

軽くて、クッション性に優れているのですが、

歩行中やスイング時のねじれやひねりなどの

微妙な動きに合わせることは出来ません。

 

その点、革は生き物ですからその微妙な足の動きにフィットします。

体力、筋力があれば、むしろ自然の動きをする革の靴が

いいのかもしれません。

 

革はだんだん、馴染んできますからね。

 

※ シューズタイプ

 

ソフトスパイクタイプ、スニーカータイプ、

最近では、ダイヤル式のシューズまであります。

 

これは個人の好みに任せる問題ですが、

スイングが安定していないアベレージゴルファーは、

グリップ力がスニーカータイプより上回る

ソフトスパイクがオススメです。

 

f:id:t6911:20170613153635j:plain

 ソフトスパイクタイプで、デザインも気に入っているのですが、

少しキツイので、最近はあまり使用してません

 

面倒くさがりの私は、最近はもっぱら、

自宅からそのままコースに出られる

スニーカータイプを愛用しています。

f:id:t6911:20170613125328j:plain

    達人の最近のお気に入りシューズです。

 

ダイヤル式も簡単、便利そうだけどね。

 

 

※ シューズの管理

 

シューズは、通気が悪いと早く痛みますし、

衛生面でも好ましくありません。

 

ラウンド後は、足の油分や水分などが、染みついています。

充分に乾燥させてから、手入れをし、保管しましょう。

 

ゴルフバッグにシューズを突っ込んだままにしていませんか、

手入れをしないままシューズを放置していくと

通気が悪くなるので、足の疲労も早めますよ。

 

f:id:t6911:20170613125533j:plain

 20年近く前に購入したこれも、スニーカータイプです。

最近は、使用していませんが、履き心地抜群で

何だか捨てられません

 

※ 購入時の注意点

 

 

あなたも知っていると思いますが、

人間の足は夕方3時くらいから5時くらいが

最大になるといいますからね、

購入する時間も大切です。

 

サイズも親指がピッタリくっついて、

全く動かないのは論外ですが、

あまりユルユルもいけません。

シューズの中で、足が動いて、不安定になります。

 

両足履いて、多少余裕があり、インナーパッドが

土踏まずにきちんとフィットしているシューズを

選びましょう。

 

お洒落は足元から、

 

ゴルフも足元からです。

 

www.tatsujin72.com