達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

しっかりつかまえる、スライス撲滅のコツを教えましょう

スポンサーリンク

ボールを飛ばそうとして、ドライバーを思い切り、

力一杯振りまわすと、たいていボールは右に行きます。

 

 

クラブを振るスピードが速すぎて、

ヘッドが追いついて来ないのです。

 

体はすでに開き気味で、

フィニッシュに向かっているのに、

フェースはスクエアに戻らないのです。

 

いわゆる、振り遅れですね。

 

当然、球は大スライスでしょう。

 

f:id:t6911:20170612081727p:plain

 

 

昔のドライバーは43インチだったので、

何とか合わせることが出来たけど、

現代のドライバーは46インチ。

 

約8センチの違いがあるんです。

 

スイングにかかる時間は、一瞬です。

 

クラブを振るタイミングとシャフトがしなるタイミング、

これを同調させないと、正確なインパクト(スクエア)を

迎えることは出来ません。

 

クラブを力まかせに、引っ張り込むと、

クラブヘッドは、開いたまま下りてくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

じゃあ、

どうしたら正確なインパクトを迎えることができるか?

 

つまりスライスさせない打ち方とは?

 

 

トップから、ダウンスイングに入るときの

右肩が最大ポイントなのです。

 

右肩を前に出さない、

つまり右肩の位置をそのままにして、

シャフトを前に倒す。

 

 

言い方を替えれば、

トップで上を向いた右手の手のひらを

その場でくるっと下に向ける感じと

いったらどうでしょうか?

 

あなたも、その場で試してみてください。

 

その場で下すから、

インパクトがスクエアになるのです。

間に合うのです。

 

 

こうすることで体も開きません、

 

体の正面で球を捉えることが出来ます。

 

f:id:t6911:20170612082413p:plain

 

通常の位置ではなく、右股関節の前に

想定したボールに向かってヘッドを前に倒し、

そこからフェースのターンをする意識が重要です。

 

通常の位置のボールを打ってから、

フェースを返しても遅いのです。

 

右足前の想定ボールと通常のボールの間で

ヘッドがスクエアになるのです。

 

いきなり、通常ボールを打ちにいったら、

ヘッドは開いたままです。

 

今までやってきたスイングとは違うので、

戸惑いがあるかと思いますが、

あきらめないで下さい。

 

練習を積んで、コツを掴めば、

最小限のパワーで最大限の効果(飛距離と方向)が

得られますから。

 

もう一つ、大事なことがあります。

 

スイングする前に、

ヘッドの重さを感じながら、

数回素振りをして下さい。

 

 

常にヘッドのありかを

意識することが大切なのです。

 

www.tatsujin72.com

www.tatsujin72.com