達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

そうか、アイアンは、やはりハンドファーストに構えるべきなんだ。

スポンサーリンク

 

アイアンが下手な理由が、判っちゃった。

 

 

サラッと晴れ上がった朝の練習場、

 

私のこころも雲が切れ、晴れ上がってきた。

 

f:id:t6911:20170609190154j:plain

 

逆に、ドライバーが比較的上手いと言われているのも

この理由と関係しているのだろう。

(上手いということと、飛距離が出るということはイコールではない、念のため)

 

ズバリ、それはアドレスにあった。

 

前の打席で打っていた人を見ていてハッと気が付いた。

 

私のアイアンのアドレスがハンドファーストではなく、

グリップが中に入っていることに気が付いたのだ。

 

ドライバーのアドレスのように、まっすぐ構えていたのだ。

 

ハンドファーストとは、

グリップをボールより左側に構えること。

 

f:id:t6911:20170609185402p:plain

 

そもそも、アイアンは、ハンドファーストに構えることで

フェースが真っすぐになる設計になっているし、

左腕が伸びた状態で、フェースをスクエアにセットすれば

左腕が最大限に使え、強い球が打てるし、フェースの向きも

変わらない。

 

私の場合は、真ん中で構えていたので

若干ロフトが増えて、クラブ本来の飛距離が

確保出来ていなかったのだ。

 

いわゆる、払い打ちだったのだろう。

 

以前の構えだと、テークバックのときに、

手が体から離れすぎる感覚があったが、

 

ハンドファーストにすると、

自然と、左体重になる。

 

無理に体重移動をしようとしないで

その場で回転させるイメージだと

両腕が体から離れずにスイングが出来る。

 

つまり簡単にダウンブローが出来るのだ。

 

ダウンブローで打てれば、

直接、ボールにコンタクトできるし、

クラブなりの飛距離が出る。

 

 

コンパクトなスイングで、少し物足りない感じがするが

これで、十分な飛距離が確保できるのだ。

 

打っていて、だんだん楽しくなってきた・・・

 

f:id:t6911:20170609202854j:plain

 

なぜ、こんな簡単なことが出来ていなかったのか?

 

アイアンのアドレスは

ティーアップしているドライバーのアドレスとは

当然、違ってしかるべきだ。

何故、こんな当たり前のことを見逃していたのか?

 

 

 

多分だが、ハンドファーストで打っていた頃もあるはずだが、

いつのまにか、自分が構えやすい、打ちやすいアドレスに

流れてしまったのだろう。

 

【ゴルフはアドレスに始まって、アドレスに終わる

という。

 

何十年もゴルフをやってきて、

やっと、このことに気が付くんですからね。

 

間違っていても、長年やってると

それなりに打てるようになるから

ゴルフは厄介だ。

 

f:id:t6911:20170609190234j:plain

 

ドライバーやフェアウェイウッドのようなロフト角が

ないクラブは、逆にマイナスになりますが、

 

特に、クラブの長さが短いアイアンは、

必ず、ハンドファーストに構えるべきでしょう。

 

初心者の方はもちろん、

私のようにアイアンが伸び悩んでいる人も、

このアドレスを身に付けると

アイアンの球筋が変わると思いますよ。

 

 

www.tatsujin72.com