達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

リスクを避ける、ドライバーをもたない勇気。

スポンサーリンク

 

何が何でも、ティーショットはドライバーですか?

 

 

ショートホール以外は、

何の躊躇もなく当たり前のように

バッグからドライバーを抜いてませんか?

 

1ヤードでも飛ばしたい、

1ヤードでもグリーンに近付けたい気持ち、

私にもよーくわかります。が・・・・

 

しかし、ホールの状況、ハザードの位置を

よく観察してください。

 

f:id:t6911:20170607103206p:plain

拙い絵で、ごめんなさい。

(結構、あのペンで描くの難しいわ、、、)

 

青い点が240ヤード地点です。

あなたのドライバーの飛距離としましょう。

 

左がOBゾーンで、右サイドがフェアウェイバンカーのPAR4。

緑の斜線エリアに打てれば、最高ですが、

少しでも、スライスが掛かれば、右のバンカーです。

 

フェアウェイバンカーは得意ですか?

ライも気になりますね。

アゴはどうですか?

大叩きのホールになりかねませんよね。

 

f:id:t6911:20170607124252p:plain

 

それでも、あなたはドライバーを持つのでしょうか?

 

フェアウェイバンカーまで、

届かないクラブで打てばいいんです。

 

赤の斜線エリアに打てばいいんです。

ターゲットもずいぶん広くなります、

それだけプレッシャーも少ないでしょう。

 

何?  二打目が遠くなる?

 

大叩きになるかもしれない状況を回避できたのです。

ボギーで十分と思うことです。

 

最悪を回避するというコースマネジメントとしては、

これは最低限考えるべきことでしょう。

 

スコアをつくるためには、フェアウェイウッド、

ユーティリティ、アイアンをもっと活用すべきです。

 

www.tatsujin72.com

トーナメントプロでさえ、フェアウェイキープ率は、

1位の稲森佑貴が、71,17%、50位の矢野東が、52,80 %、

111位の岩田寛が、わずか40,31%にすぎません。

 

それでも、アンダーパーで回れるのは何故なのか?

 

多少のケガは仕方ないが重傷は負わないように、

保険を掛けたマネジメントでプレーを徹底させて

いるからです。

 

せっかく、バッグに入れてんだから、

使いましょうよ、フェアウェイウッド。

宝の持ち腐れになっちゃいますよ!

 

www.tatsujin72.com

 

www.tatsujin72.com

www.tatsujin72.com