達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

飛ばしたいと思うなら、右手の力を抜くことだ!

スポンサーリンク

右手でクラブを強く握って、力任せにボールを叩き、

飛ばそうとする人がいますが、

 

こういう手打ちでは、力を入れれば入れるほど

飛びませんし、ボールは曲がります。

 

 

右手にテンション=余計な力が入っていると

本人は飛ばそうと思っているんだけど、思ったほどは

飛ばないということを理解して下さい。

 

 

ボールを打つのは、手から1メートル以上先の

耳かきの親分みたいなクラブヘッドです。

手のひらで、ボールを打つわけじゃないんです。

 

グリップをギュッと強く握ってしまうと、

遠心力が生かせないし、それだけ余計なスピンが

かかってしまい飛ばなくなってしまうのです。

 

力が抜けていて、軽くポーンと打った時の方が

意外と飛んだという経験、

あなたにもあるんじゃないでしょうか?

 

これが、ゴルフの奥深いところ、

道具を使うスポーツの一つの特徴でしょう。

  

飛ばしたいと思うなら、手の力を抜くのです。

 

右手をゆるく握り、柔らかく使うことで、クラブの動きを

邪魔せず、スピードアップさせることが出来るのです。

 

極端なことを言えば、グリップは手に引っかかって

いればいいんです。

 

 

どうしても、手に力が入ってしまう人は、

グリップをインターロッキングにすると

柔らかく握ることが出来ると言います。

 

柔らかく握れば、ヘッドを走らせることが可能になります。

 

f:id:t6911:20170606185018p:plain

       インターロッキンググリップ

(左手の人差し指と中指の間に、右手の小指を

完全に入れ込んで絡ませ、ロックさせるグリップの事)

 

 

ちなみに、このインターロッキンググリップを

採用している代表的なプロは、

 

ジャック・ニクラスタイガー・ウッズ

ロリー・マキロイ、バッバ・ワトソンや

石川遼などがいます。

 

ビッグネームばかりが並んでいます。

このことをみても、試してみる価値は多いにありそうですね。

 

 

ゆるく握れといっても、

はじめは何とも心もとなく、その加減が難しい。

これじゃ打てないんじゃないかと

不安に感じる人も多いでしょう。

 

右手の力を抜く練習方法としては、

 

※中指と薬指だけでグリップを支え、親指と人差し指を

 グリップから外す

 

※逆に、中指と薬指をグリップから外し、

 親指と人差し指でグリップをつまむように握る

などが挙げられます。

 

また、パターのクローグリップのように、右手を横から

クラブに添えるやり方も効果があります。

 

www.tatsujin72.com

 

これなら出来そうだと思う方法で、

小さいショットから練習してみて下さい。

 

始めは、頼りなく、違和感あり過ぎでしょうが、

手には力の入れようがないし、

右手を柔らかく使える感覚が

次第に掴めてくると思います。

 

慣れてくれば、距離も方向性も戻ってきます。

 

f:id:t6911:20170607073855p:plain

 

この練習の最大の恩恵は、

右手に頼らない、

左手リードを自然に覚えることが

できるという点です。

 

こりゃ、やってみなけりゃ、損ですね!

 

www.tatsujin72.com