達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフはチョッピリ、恋愛に似ている?!

スポンサーリンク

一般のアマチュアゴルファーは、

一応、フェアウェイのセンターを狙って

ドライバーショットを打っていると思うけど、

 

これが滅多にセンターに行かないんだよね。

 

14回、ドライバーショットを打つとして、

せいぜい1回か、良くても2回程度ではないだろうか。

 

 

狙っているのに、たいていはマン振りだ。

狙っているようで、本当は、狙っていないようなものだ。

 

狙うということは、慎重に置きに行くということ。

 

でも、【行先は球に聞いてくれー】といわんばかりにマン振りする。

ターゲット意識はどこえやら、

フェアウェイに引っかかればラッキー程度で

打っているのではないだろうか。

 

この推測は、当たらずとも遠からずだろう。

 

技量、能力がないといってしまえばそれまでだが、

そんなアマチュアが大振りすれば、

球はどこに飛ぶかわからないのが実情です。

 

ゆっくり振ればいいといっても、それはそう簡単なことではない。

『当たらない気がして怖い』、と感じるアマチュアも多いだろう。

7割スイングが理想と分かっているけど、

ついつい、マン振りをしてしまうのだ。

 

f:id:t6911:20170531123431p:plain

 

しかし、こんなことを繰り返していたら、

いつまでたっても成長、スコアアップは望めない。

 

ただ、漠然と振っていくのではなく、

もっとターゲット意識を持って、

ラウンドをしてみませんか?

 

フェアウェイのセンターという明確なようで、

実は曖昧な目標ではなく、

絶対、フェアウェイ左サイドに打っていくんだ、

というような、より細かいターゲットを設定して

ドライバーを手にするのです。

 

打ってみて左サイドなら満点、センターから右に行ったら0点です。

左ならラフに行っても合格としましょう。

 

スコアではなく、

ターゲット意識を植え付けるラウンドとして位置付け、

各ホールで、それぞれターゲットを変えて挑戦してみてください。

 

明確なターゲットを設定することによって初めて、

アドレス(立ち方)やボール位置、スイングの軌道なんかを

考える機会となるし、不思議と大振りしなくなるものです。

 

大振りしないから、とっさに右手を返したり、

左ひじを抜いたりして修正もできる。

 

つまり引き出しが増えるのだ。

マン振りばかりしていては、身に付かないものである。

 

当然、集中力も養われるし、

コントロールショットを

身につけることが可能になる。

 

もし、上手くいかなかった場合でも、

自分のミスの傾向や欠点がわかる。

 

 練習、修正すべき点が見つかるだけでも

大きな意味があると言える。

 

ただ漠然と、前に打っていくゴルフの

何倍もの収穫を得られるのだ。

 

f:id:t6911:20170531123636p:plain

 

これは、アプローチについてもいえる。

 

やみくもに、ピンだけ見て突っ込むのではなく、

落としどころをまず見極めることが大切だ。

そして、そこに落とすことだけに集中するのだ。

 

落とし所によって、クラブを替えたり、

ボール位置を変えたり、

フェースを開いたり閉じたりして

 

 

どうしたらそこに落とせるかを

考えること、それが大切なのです。

 

れを繰り返すことによって、クラブの特性も理解でき、

それぞれのランの割合も把握できるようになり、

自信をもってアプローチができるようになります。

 

たまたま寄った、ダメだった、の2つで片付けては

その原因と結果の因果関係がつかめず、また同じことを

繰り返しかねないのです。

 

 

当然、アプローチの引きだしも増えるでしょう。

 

何かを手に入れたり、

難しいことに挑戦するときは

戦略、戦術が必要です。

 

これは、ゴルフに限らず、人生においても、

恋愛においても同じでしょう。

 

ガンガン直線的に押すだけじゃダメなんです。

 

人生もゴルフも落としどころが肝心。

 

恋愛もゴルフも

アプローチが成功するか否かにかかっているんです。

 

これって、少し、無理あるかな?