達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

FWの練習しょうよ、ゴルフがもっと楽になるよ!

スポンサーリンク

練習場で、FW(フェアウエイウッド)を

練習している人を、滅多に見ない。

 不思議なくらいだ。

他のクラブは熱心に打ち込んでいるが、FWはキャディバッグに

納まったままだ。

 

ティーショット、ミドルやロングの2打目、ショートホール、

林やフェアウェイバンカーからの脱出など用途の広い

このクラブをもっと練習すべきではないでしょうか。

 

FWは、ありがたいアマチュアのお助けクラブなのです。

  

アプローチやパットはスコアメイクの鍵ですが、

FWは安定したスコアを出すためにはすごく大事なクラブです。

 

じゃあ、なぜ、練習しないのか?

 

滅多にいい球が出ないので楽しくない?

初めから難しいクラブだとあきらめている?

 

そんなところじゃないでしょうか。

 

f:id:t6911:20170529164442p:plain

 

確かにFWを苦手にしている人は多いでしょう。

 

地面から打つ最もロフトの少なく、長いクラブですからね。

しかし、苦手のクラブのまま放置しておくのは

あまりにもモッタイナイ。

 

FWにも取り組むことで、もっとゴルフが楽になったり

安定したスコアを出すことが可能になるんです。

 

苦手な人の共通点として、

振り切れていないことが挙げられます。

 

つまり、球にちゃんと当てようとする意識が

強く働き、手打ちになってしまうことです。

 

体の動きが止まってダフったり、

また、球を上げようとするとトップも出てしまいます。

 

たとえ、当たっても、恐る恐る打っているので、飛距離が出ない、

『かえってアイアンで打った方が、飛んだんじゃない?』って

ことがよくありますよね。

 

ほかの番手でできて、FWでそれができないのは、

やはり【苦手意識】ゆえ。

 

それを克服するためには、

やはりコツコツと練習するしかないのです。

 

また、FWのミスでありがちなのが、

【ドライバーがいいショットだったのに】

【絶好のポジションだったのに】

というもの。

あなたもきっと経験あるはずです。

 

f:id:t6911:20170529163716p:plain

 

つまり、このミスは、フルショットの次のショットだと

いうこと。

 

もう一丁飛ばしてやろう】

【乗せてやろう】

【せっかくのナイスショットを無駄にしたくない】

という心理が、自然とスイングを大振りにさせ、

正確なインパクトをしずらくさせるのです。

 

そんな時こそ、

コンパクトなスイングが必要なのです。

 

欲張ってはいけません。

逆に、飛ばさない意識をもつことです。

 

肩から肩までの、ゆったり&コンパクトスイングで、

正確なインパクトを目指しましょう。

 

 軽く打っても、それなりの飛距離は

ちゃんと出ているはずです。

 

難しいクラブを振り回してはいけないのです、

FWはそういうクラブなのです。

 

せっかくの一打目をムダにしないためにも、

流れを切らさないためにもね!