達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人のラウンド報告:旭国際、湖山コースに神様がいた

スポンサーリンク

今回のラウンド報告は、旭国際浜村温泉ゴルフクラブ

湖山コースです。

 

全長は、 5880ヤード、    

PAR71、アウトはパー36、インは35です。

(インはPAR4 のホールが1ホール少なく、PAR3 が3ホールある)

f:id:t6911:20170525193710j:plain

 

距離はありませんが、池越え2ホール、谷越えが4ホールあり、

打ち上げ、打ち下ろしありの起伏に富んだ、

テクニックとメンタル面を試されるコースです。

 

今では珍しい2グリーンのため、当然、グリーンの面積は小さいので、

グリーンに乗せさえすれば、3パットの怖さはそうありませんが

その分、ショットの正確性を求められます。

 

www.tatsujin72.com

 

www.tatsujin72.com

前日からの雨も早朝には上がり、暑くもなく、寒くもなく

「こりゃ、最高だね!」とラウンド前に友人と話をしていたのですが

スタートし始めたら、どんどん晴れ間が増え、気温も上がり、

額には汗も吹き出してきた。

 

いわゆる、蒸し暑いというやつだ。

 

情けない、あーあ情けない!

歳のせいとは言いたくないが、

ジワジワくるこの蒸し暑さで

みるみる体力は消耗し、集中力も続かない。

 

みっともないから、言い訳はこれくらいにして

ラウンド報告をしましょう。

 

結果はアウト、45。

パーは3つだけで、ボギーが4つ、ダボが1つ、そして

トリプルが1つ。

 

そのトリプルはスタートホールで、セカンドショットを

OBさせたもの。

セカンドのOBはショックが大きい。

f:id:t6911:20170525193356j:plain

 

スタートホールはボギーで十分と思っていたのに、

ティーショットがちょっと飛んだばっかりに、ついつい

難しいピンを狙ってしまったミスです。

 

セカンドはセミラフからの打ち上げ、

こんな場面では、こういうミスが出ますよと

レッスン本に書いてあるような

そんな見本のようなミスショットでした。

 

体が止まり、芝が絡まり、グリーン方向の左に

飛んで行った球は、

ワンバウンドしてOBゾーンに消えていったのです。

 

取返しの付かないトリプルがいきなり初っ端に来ちゃったのです。

このショック、あなたにもわかるでしょ!

 

大ダフりで、谷を越えられないショートホールもあり、

結局、パーオンはわずか3ホール、パット数は17。

 

 

ゴルフの神様お許し下さい、

偉そうに書いた昨日の記事と

お昼のレストランで、禁断の瓶ビールを

頼んでしまったこの弱い私を・・・

 

 

日焼けとビールで赤鬼の形相の私は

起死回生のスコアを目指し、インコース

立ち向かったが、進むにつれて、

集中力や判断力は落ちるばかり、身も心も疲労困憊。

あえなく、返り討ち。

リベンジ誓う気力も無し。

 

1バーディ、トリプル1つ、ダボ1つ、ボギー5つ、

パーは1つだけと、にぎやかなゴルフ。

 

トリプルは谷越えのパー4、

ティーショットをグリーンまで

40ヤードのバンカーに入れてしまった。

後がない私は、起死回生のバーディを目論み、

56度のウェッジで、

エクスプロージョンを試みた。

 

少し薄目に入れないとな、と思って打ったのだが、

【アッ!薄目すぎた】、カキーン・・・・

素晴らしいライナーボールはアッという間に、

グリーン奥の谷に消えた。

 

ガックリ!

バカ! バカ! 出来もしないのに!

スコアが欲しくて、完全に自分を見失っていたのだ。

 

それでも、優しいゴルフの神様は、呆然自失の悩める私を

見捨てなかった。

17番の谷越えショートホールはパー、

最終18番ロングホールは、3メートルのバーディパットを

決めさせてくれた。

 

パーオンはわずか2ホール、パットは18を数え、

スコアは44、

トータル、45、44の89。

 

パー71のコースだけど、一応80台で収められたのは

神様のお情けだが、いつまでもお情けに

授かっていても情けない。

 

次回こそは、ナイスラウンドを報告したいと

思っているが、これを書いている時点では

足、肩、腰がパンパン、目もショボショボ、

そんな気力はどこからも沸いてこない。

 

残念ながら・・・

 

追伸:クローグリップを試した感想は

次回以降に報告させて頂きますね。

 

www.tatsujin72.com