達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

斜面のアプローチ、このコツを知っとけば怖くない。

スポンサーリンク

前回はアイアンショットでの

砲台グリーン攻略法についてでしたが

今回は、その砲台グリーンへのショットを

残念ながら外してしまったときのアプローチについて

書いてみたいと思います。

f:id:t6911:20170520122056j:plain

※左足下がりの場合

グリーン奥やグリーンサイドに外したときに多い状況です

 

左足下がりの場合は、体の軸を斜面に垂直にして構えます。

当然、左肩が右肩より低くなり、目線も水平よりも

下に向けることになります。

 

スイングのポイントは、フォローまで目線を上げないこと。

最後までボールがあった所を見たまま振り抜くくらいで

いいでしょう。

 

これも大事なことですが、決してボールを上げようとしないこと。

斜面に沿って低いフォローで収めることがコツです。

 

傾斜の影響でボールは低めに出ますので、転がりを多めに計算して

落とし所を見極めて下さい。

 

※左足上がりの場合

グリーンを狙ったショットが届かなかった場合や

グリーンサイドに外した場合もあるかもしれません。

 

 左足上がりはボールを上げやすいので易しいと思いがちですが

気を付けないとヘッドが抜けずにガツンと強くヒットしがちです。

グリーンをオーバーさせて大叩きなんてことも

あり得るので要注意です。

 

アドレスは、頭を少し右に傾ける程度で

あとは普段通りでいいでしょう。

斜面に垂直に構える必要はありません。

f:id:t6911:20170522143531j:plain

 

ただし、左サイドが高くなっているので、

クラブを振り抜くスペースがどうしても狭まります。

そのスペースを確保するために、

左足を靴1足分、後ろに引いて構えましょう。

 

何回かの素振りであらかじめ、振り幅を決め、

テークバックとフォローを等スピードで

スイングすることがポイントです。

 

打ってお終いのスイングは、

手前を大ダフりする危険性もあるので、

必ずフォローを意識してスイングして下さい。

 

 

※欲をかかないこと

 

しっかり寄せるイメージを持って臨むことは大事ですが、

そればかりに捉われると体に緊張をもたらし、

スイングも速くなりがちです。

【取り合えず乗せて2パットでいいや】、くらいの気楽な

気持ちで臨みましょう。

 

そんな時のほうが、

意外とピンに寄ったりするものです、よね!