達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

苦手な砲台グリーンをこうして攻略しよう!

スポンサーリンク

砲台グリーンを狙う打ち上げのショットを

苦手としているゴルファーは多い。

 

距離感の把握が難しく、どうしてもショートしがちになる。 

 

打ち上げのホールは、たいてい距離が短く設定してあるが

短いからといって決して易しくはありません。

 

f:id:t6911:20170520122056j:plain

 

マチュアは打ち上げを甘くみがちです。

 

※ 番手を上げる、1番手もしくは2番手

打ち上げは、通常のショットより、球は早く着地するので

その分を考慮して番手を上げなければなりません。

 

状況によって変わるので、一概には言えませんが

1番手大きいクラブは絶対でしょう。

f:id:t6911:20170520065305p:plain 

砲台グリーンを狙うときは、ピンの頭を越える球を打つイメージを

持つことが大切だと言われます。

ちょっと大きいかなと思うくらいのショットで丁度いいんです。

 

ただし、無理に球を上げようとしないことが大切です。

 

左足上がりですから、ただでさえロフトが増え、そのうえ

体重を右にかけ、肩を斜面に平行に構えて打てば

ロフトが死んでしまいます、

届かないのは当然でしょう。

 

※地球に対して垂直に立つ

 

斜面でのショットは傾斜に沿って立つのが基本といわれますが、

それが当てはまるのは左足下がりの場合で、

左足上がりの場合は、傾斜ではなく、

地球に対して垂直に立つべきだと思っています。

  

左ひざを少し折って、軸を真っすぐにして打ちましょう。

 

球を上げるのは、クラブのロフトです。

右足体重で下から上へすくい上げてはいけません。

 

※コンパクトスイングを心掛ける

打ち上げショットは、引っ掛けが出てしまう傾向にあります。

左足上がりですから、どうしても体を止めて

手打ちになりやすいのです。

 

保険を掛けて、若干ピンの右サイドに狙いをつけ

手が常に体の前にあるコンパクトなスイングを

心掛けましょう。

 

大振りは絶対ダメですよ。

 

www.tatsujin72.com