達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ああ勘違い、あなたはボールから離れて立っている!

スポンサーリンク

ここは飛ばしてやろう、力一杯振ろうと

思うと、知らず知らずのうちに体と

グリップの間隔が離れます。

 

 

残念ながら、離れれば離れるほどボールに

伝えるパワーは半減し、ボールもばらけてしまうのです。

 

ご承知のように、ボールを飛ばすには

ダウンスイングでいかにタメを作れるかにかかっています。

 

体とグリップエンドの間隔が離れれば、

タメを作ろうにも、右脇を締めてクラブを下ろしたら、

ボールはかなり前ですよね。

脇を開けて当てにいくしかありません。

 

ヘッドの芯どころか、先っぽでしか

球を捉えることは出来ないでしょう。

最悪の場合は空振りです。

 

マチュアはボールから離れて立つ人が圧倒的に多いといいます。

 

前傾が深くなりすぎたり、極端にグリップを下げて

ハンドダウンに構えるとボールは体から遠くなります。

 

プロでも、疲れたり、体調が悪いとボールと体の距離が

離れてしまうといいます。

 

f:id:t6911:20170516094202p:plain

 

前傾が深くなりすぎないように、膝は軽く曲げる程度で

背筋をスッと伸ばして高く構えましょう。

 

今まで、離れて立っていた人は、

慣れないと多少の窮屈さを感じたり、

違和感を感じると思いますが、

慣れるまで根気強く取り組んで下さい。

 

体とグリップエンドの間隔は、拳1個か1個半まで。

 

手打ちも改善され、体の回転を使えたタメの利いた

スイングで飛距離アップは確実でしょう。

 

飛ばないのは、スイングに欠陥があると思いがちですが

実はアドレスに問題があることが多いのです。

 

www.tatsujin72.com