達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人は、京都でマービン・ゲイ【愛のゆくえ】を知った

スポンサーリンク

車を運転していたら、カーFMから、

マービン・ゲイの、「愛のゆくえ」(What’sGoin’  on)が

流れてきた。

 

「よしっ!」、 私は思わず声をあげた。

 

 

私にとっては、決して忘れられない思い出の曲なのである。

 

初めてこの曲を耳にしたのは、京都での予備校通いの浪人時代、

1971年のこと。

 

 

予備校帰り、特に目的もなく河原町あたりを

ブラついていたその日、

BALビルの前を通りかかったときに

突然私の耳に飛び込んできた曲だった。

 

f:id:t6911:20170511185226p:plain

 

 

 

この曲を聴いたとたん、そのメロディとその歌い手の声質の

素晴らしさに魅了された。

 

すぐ下宿に戻り、調べてみた。

それが、マービン・ゲイmarvin gaye)の邦題 「愛のゆくえ」だった。

 

f:id:t6911:20170511131305p:plain

 

この曲は、ダブルミリオンの売り上げを達成し

アメリカ音楽史上における不朽の名作といわれる評価を受け、

ロック雑誌「Rolling Stone」に70年代を代表するベストアルバムとして

選ばれています。

ロックではなく、ソウルのアルバムが選ばれたことに

その楽曲の群を抜く素晴らしさをみることができますね。

 

 

この曲の2番の歌詞を紹介しましょう、

 

父よ、父よ

僕たちの関係をエスカレートさせる必要なんかないさ

争いが解決にならないことは分かっている

愛だけが憎しみを克服できるのさ

僕たちの間にも愛を見つける方法はあるって分かっているだろ

デモ隊のピケ、スローガンの書かれたプラカード、

ひどい罰を僕に与えるのはもうやめて欲しんんだ

話し合おう、そうすれば分かってくれるだろう

ああ、(僕たちに)一体、何が起こっているというんだ

何が起こっているというんだ

  ・・・・・・・・・・・・・

 

この曲は1960年代後期からアメリカ全土で沸き起こった

ベトナム戦争(1954-73)への反戦運動を意識して

作られた作品です。

 

ベトナム戦争当時、反戦を叫ぶアメリカの若者が

GIカットに対抗し、徴兵拒否の意思を込めて

髪を長く伸ばしたという。

体制に抗う自由の象徴が長髪だった。

 

京都は学生の町、

学生の多くが髪の毛を伸ばし、

ジーンズを履き、下駄履きだった。

今では想像できないが、

私も髪の毛が肩あたりまでありました。

 

まさにバンバンの「いちご白書をもう一度」の

歌詞にもあるような時代だった。

 

アメリカから始まった反戦運動に呼応する

学生運動がまだ色濃く残った、

そんな時代だったのです。

 

まだまだ活躍が期待されたマービン・ゲイでしたが、

1984年、父親に銃で撃たれ、44歳の若さで生涯を

突然閉じることになるのです。

 

その報を聞いたときの衝撃と悲しみは

言い表せません。

 

 「マービンゲイ」の画像検索結果

 

あの京都の日から30年後、

 

私は新しくオープンさせたBARに

【MARVIN】と名付けました。

 

それは、私なりの思いが詰まったオマージュでした。

 

www.tatsujin72.com