読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

なぜ、旅館には【おもてなし】が必要とされるのか?

スポンサーリンク

ライフスタイルの変化や、個人の嗜好の変化、

海外旅行ブームによって、旅行形態も、団体旅行から

グループ、個人へと移っていった・・(前々回の記事より)。

 

その流れの中で、団体客依存から脱却できなかったり、

時代、客のニーズの変化に応えられなかった大型旅館は、

 

バタバタと倒産していきます。

 

旅館は装置産業(最初に、大規模な投資を必要とし、固有の機械設備や規模の

大きな施設を要する産業)であり、又、労働集約的産業でもあるので

他の産業に比べて人件費比率も高い。

 

f:id:t6911:20170505174539p:plain

 

当然、経営者サイドの資質、センスの問題もあるでしょう。

 

そこに追い打ちをかけたのが、バブルの崩壊、そして

阪神淡路大震災でした。

 

道後温泉や、有馬温泉城崎温泉をはじめ、

集客を関西圏に頼る多くの温泉地が

入込客の激減で大打撃を受けたのです。

 

 

震災後、しばらくしてから片山津温泉を訪れたのですが、

 

多くの大型旅館の明かりと、人の姿の消えた通りは、

大袈裟ではなく、まるで、ゴーストタウンの様相でした。

特に、片山津は、男性客主体の温泉歓楽地として生きてきただけに、

ダブルパンチを受けたのです。

 

ほとんどの旅館の従業員も片山津を離れたせいで、多くの飲食店や

コンビニも廃業に追い込まれたといいます。

 

 

熱海温泉の凋落ぶりも、その当時

よくマスコミで報道されましたね。

これはまさにバブルの崩壊による影響でしょう。

 

そういった経緯から、廃業、倒産した旅館を買い取り、

再生する新しい運営スタイルを持つ企業グループや

旅館チェーンが続々と誕生しました。

 

星野リゾート、伊東園ホテルズ、湯快リゾート、

大江戸温泉物語グループなどです、

あなたも一度は、訪れたことがあるのではないでしょうか?

 

多くが、異業種からの参入で、温泉旅館の既成概念に捉われない

運営スタイルが特徴です。

 

その特徴としては・・

 

①初期投資がかからない

②改装費を抑える

③省けるサービスは、徹底的に省く

スケールメリットを最大限に活かす

 

以上を徹底することで、客室単価に還元することが出来るのです。

 

今後も、新たな視点による温泉旅館の再生ビジネスは

広がっていくと予想されます。

どちらにしても、これからさらに厳しい生き残りを賭けた

模索が続いていくでしょう。

 

多角化か、それとも専門化か・・

 

海外からの客の受け入れも視野に入れながら、料金を

含めたより質の高いサービス、客のニーズにきめ細かく対応できる

プランの設定、経営資質が求められます。

 

少子高齢化も急激に進んでいます、

パイは限られています。

以前のように新規の客を獲得することが難しい時代に

なっているんです。

 

生き残るには、一度、来られた客を、いかにリピーターになって頂くかに

かかっているといっても過言ではありません。

 

特典やサービスに関しても、どこの旅館も似たり寄ったりですし、

施設や料理面でも、なかなか差別化を図れない、

 

そこで、受け入れ側の接客、おもてなしがいかに

大切であるかということが認識され、

どの旅館もその教育に、力をいれるようになったんです。

 

人が旅館にやってくる目的は・・・

 

癒し、安らぎ、温もり、触れあい・・・

 

これは、いつの時代も変わらないはず。

 

f:id:t6911:20170505173903p:plain

 

おもてなしは、感動と余韻を与えること。

 

おもてなしの心は、

大切に守っていかなければならないですし、

 

その精神は次代にしっかりと

受け継がなければならないのです。

 

 

www.tatsujin72.com